ミザリー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミザリー
Misery
監督 ロブ・ライナー
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
製作 ロブ・ライナー
アンドリュー・シェインマン
出演者 ジェームズ・カーン
キャシー・ベイツ
音楽 マーク・シェイマン
撮影 バリー・ソネンフェルド
編集 ロバート・レイトン
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年11月30日
日本の旗 1991年2月2日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000
興行収入 $61,276,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ミザリー』(Misery)は、1990年製作のアメリカ映画スティーヴン・キング同名小説の映画化作品で、主演のキャシー・ベイツアカデミー主演女優賞を受賞した。

あらすじ[編集]

大衆向けロマンス小説「ミザリー・シリーズ」の作者である流行作家のポール・シェルダンは、「ミザリー・シリーズ」最終作に続く新作を書き上げた後、自動車事故で重傷を負ってしまう。そんな彼を助けたのは、ポールのナンバーワンのファンと称する中年女性アニー・ウィルクスだった。看病といいつつポールを返さず、拘束・監禁するアニーは、次第にその狂気の片鱗を垣間見せ始める。そんな時、「ミザリー・シリーズ」最終作が発表されるが、内容が自分のイメージと違うと書き直しなど無理難題を付けはじめ、ポールも彼女の狂気に気づき脱出を試みる。

キャスト[編集]

役名、俳優、日本語吹き替え(VHS・旧盤DVD版/日本テレビ版)

VHS・旧盤DVD版は日本ヘラルド株式会社のVHSとソニー・ピクチャーズエンタテインメントのDVDに収録。翻訳は入江敦子。
日本テレビ版は1992年4月24日初回放送の日本テレビ「金曜ロードショー」でのもの。20世紀フォックス・エンターテイメントのDVD・BDに収録。

スタッフ[編集]

原作との違い[編集]

  • 原作の舞台は『シャイニング』にも登場するコロラド州サイドワインダーだが、映画ではコロラド州シルヴァー・クリークとなっている。
  • 映画に登場するバスターやヴァージニアといったキャラクターは原作には登場していない。

エピソード[編集]

  • 映画『フライド・グリーン・トマト』で、キャシー・ベイツ演じる主人公が「ホラー映画の怪物にならずにすんだ」と語るシーンがある。また、ハンマーで家の壁を破壊するなど、本作品のオマージュと思われるシーンがある。
  • 監督のコメンタリーによると、主人公が寝たっきりにさせる演技が難しく、有名な作家役=著名な俳優を起用しようとしたが決まるまでに相当な人数に出演を断られたという。

外部リンク[編集]