キャリー (1976年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャリー
Carrie
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 ローレンス・D・コーエン
原作 スティーヴン・キング
製作 ポール・モナシュ
ブライアン・デ・パルマ
出演者 シシー・スペイセク
パイパー・ローリー
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 マリオ・トッシ
編集 ポール・ハーシュ
配給 UA
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年11月3日
日本の旗 1977年3月3日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,800,000
興行収入 $33,800,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 キャリー2
テンプレートを表示

キャリー』(原題: Carrie)は、1976年に公開されたアメリカ合衆国ホラー映画スティーヴン・キング同名小説を映画化した作品。

製作・監督はブライアン・デ・パルマ。出演したシシー・スペイセクパイパー・ローリーはそれぞれアカデミー賞にノミネートされた。1999年に続編が、2013年にリメイク版が公開されている。

ストーリー[編集]

ベイツ・ハイスクールに通う女子高生・キャリーは、気弱な内気な性格と冴えない容姿から、いつもクラスメイトたちからいじめを受けていた。ある日の体育の授業後、彼女はシャワーを浴びている最中に初潮を経験する。狂信的なキリスト教信者である母・マーガレットからは月経についての話を何も聞かされていなかった彼女はパニックを起こす。それを見たクラスメイトたちはキャリーをはやし立て、ナプキンを彼女に投げつける。その場は担任の女性体育教師・コリンズによって収拾がつけられた。後日、コリンズはキャリーをいじめたクラスメイトたちを体育館に呼び出し、「プロムパーティーの参加禁止、それが嫌なら毎日居残りで体育授業」と言う課題を突きつける。渋々同意する彼女たちだったが、その中の一人であるクリスは過酷な授業に耐えかね逃げ出してしまう。

その後、キャリーをいじめた罪滅ぼしとして、スーは恋人であるトミーに、キャリーをプロムパーティーに呼び出すように頼む。図書館でトミーの誘いを受けたキャリーは、からかわれたと思い込み逃げ去ってしまう。トミーはめげずにキャリーの家まで訪ね、彼女をパーティーに誘う。怯えながらもキャリーは遂にトミーの誘いを受ける。

一方、キャリーのせいで自分がパーティーに出られないと逆恨みするクリスは、恋人のビリーと共に恐ろしい悪戯を計画する。彼らは養豚場でを撲殺し、その血を抜き取って立ち去った。

プロムパーティー当日。母親の反対を押し切り、自作のドレスでやってきたキャリー。喜びと不安の気持ちが入り混じる彼女を、トミーは優しく励ます。自分に自信を持ったキャリーとトミーは、パーティーのベストカップルに選ばれた。今までに無い幸せを感じながら、ゆっくりとステージ上に上る二人。この栄光の瞬間をクリスは待っていた。天井に吊るされたバケツから大量の血がキャリーに降り注いだとき、惨事が起きた。キャリーはその秘められた超能力を解放、プロムに参加していた少年少女と教師の大多数を殺害し、街に破壊と恐怖をもたらす。自宅に戻り、キャリーを“汚れた娘”として罰しようとしたマーガレットを惨殺した後、自分もろとも家屋を崩壊させた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

続編[編集]

1999年に本作の続編となる『キャリー2』(原題: The Rage: Carrie 2)が公開されている。監督はカット・シーア、出演はエミリー・バーグルジェイソン・ロンドン、またエイミー・アーヴィングが本作と同じくスー役で出演している。

リメイク[編集]

2013年公開。キャリー役はクロエ・グレース・モレッツ、狂信的母親役はジュリアン・ムーア。監督をキンバリー・ピアースが務めた。日本語吹き替えでは、本作でキャリー役を演じた潘恵子が母親役を演じており、キャリー役を潘恵子の実の娘である潘めぐみが演じている。

脚注[編集]

  1. ^ Carrie (1976)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]