クジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クジョー
Cujo
監督 ルイス・ティーグ
脚本 ドン・カーロス・ダナウェイ
ローレン・キュリアー
原作 スティーヴン・キング
製作 ダニエル・H・ブラット
ロバート・B・シンガー
出演者 ディー・ウォレス
ダニー・ピンタウロ
ダニエル・ヒュー・ケリー
クリストファー・ストーン
エド・ローター
音楽 チャールズ・バーンスタイン
撮影 ヤン・デ・ボン
編集 ニール・トラヴィス
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース / リパブリック・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年8月12日
日本の旗 1984年4月7日[1]
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $21,156,152[2]
テンプレートを表示

クジョー』(Cujo)は、1983年公開のアメリカ合衆国ホラー映画スティーヴン・キングの小説『クージョ』の映画化作品。

概要[編集]

キング原作映画の中で1983年に封切られたものの第一弾である(他は、デヴィッド・クローネンバーグ監督の『デッドゾーン』と、ジョン・カーペンター監督の『クリスティーン』)。当初、キングは、『アリゲーター』のルイス・ティーグを監督に推したが[3]、『チェンジリング』(1980年のホラー映画)のピーター・メダック英語版が監督することが決まる。しかしメダックが、たった1日で監督を降板したため、結局ティーグが監督することになる。ティーグらは脚本を検討し直し、特にラストシーンをハッピーエンドに変更した。この変更は原作の趣旨を変えてしまうが、原作者キングは賛成した。なぜならばキングは、映画的文法と小説の違いを理解したうえ、悲劇的な結末を書き直したいとさえ考えていたからである[3]。撮影において、クジョー役には5頭のセント・バーナードが用意され、クローズアップ時に狂犬の迫力を出すためにメカニカルヘッドも用いられた。米国では夏休み映画として公開され、低予算映画としては健闘したが[3]、翌年、日本で公開された時は一週間で上映打ち切りという結果に終わった。

2015年には『C.U.J.O』とタイトルを変更し、再映画化の企画があがっている[4]

原作との差異[編集]

主に終盤のシーンが原作小説と映画とでは変更されている。原作ではクジョーはドナにバットで撲殺されるが、時遅く、息子タッドは死んでしまう。映画では、クジョーはバットで殴られ倒されたかに見えたが再度襲い掛かる。ドナは殺された保安官の拳銃でクジョーを射殺し、タッドは助かる。

あらすじ[編集]

自動車修理工のジョーに飼われているセント・バーナード犬のクジョーは、森の中でコウモリに咬まれて狂犬病に罹患、発症する。凶暴になったクジョーはジョーを咬み殺し、故障した車の修理に彼の工場を訪れたドナとタッドの母子に襲いかかる。ドナたちは動かなくなった車の中に退避するが、その場を離れないクジョーに閉じ込められてしまう。ドナは何度かその場からの脱出を試みるが失敗し、母子は車の中で一晩を過ごす。翌日、ドナと連絡が取れなくなった夫ヴィックは、警察に捜索を依頼する。保安官が修理工場に向かうが、クジョーに殺されてしまう。炎天下の車中でタッドは脱水症状を起こし、一刻の紆余もないと判断したドナはバットで立ち向かい、クジョーを倒したかに見えたが再び追い詰められる。しかし、ドナは拳銃でクジョーを射殺し、タッドは助かる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビ放送:TBS月曜ロードショー1986年6月16日

脚注[編集]

  1. ^ 4月28日説もあり。
  2. ^ Cujo” (英語). Box Office Mojo. 2013年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c COMPLETE STEPHEN KING、白夜書房、1988、ISBN 4-89367-121-9
  4. ^ クランクイン・ネット [1]

外部リンク[編集]