スティーヴン・キング/ナイトフライヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーヴン・キング/ナイトフライヤー
The Night Flier
監督 マーク・パヴィア
脚本 マーク・パヴィア
ジャック・オドネル
原作 スティーヴン・キング
製作 リチャード・P・ルビンスタイン
ミッチェル・ゲイリン
製作総指揮 デヴィッド・R・カッペス
出演者 ミゲル・フェラー
音楽 ブライアン・キーン
撮影 デヴィッド・コネル
編集 エリザベス・シュワーツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ・コミュニケーションズゼアリズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年2月6日[1]
日本の旗 1997年11月15日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $125,397[3]
テンプレートを表示

スティーヴン・キング/ナイトフライヤー』(原題:The Night Flier)は、1997年制作のアメリカ合衆国ホラー映画スティーヴン・キング原作の同名小説の映画化。夜の空港をセスナ機で渡り歩いて殺戮を犯していく新手の吸血鬼と、それを追う新聞記者の姿を描く。

あらすじ[編集]

タブロイド紙「インサイド・ビュー」の記者リチャードはある日、編集長のマートンから謎めいた連続殺人事件の取材を命じられる。それは“ドワイト・レンフィールド”なる殺人鬼がセスナで田舎の飛行場に降り立って、次々と人を殺し、全身の血を抜き取るというものであった。

リチャードは新たな犠牲者が現われた町へ向かう。そこで凄惨な殺人現場を目の当たりにした彼は、この事件の特ダネをものにしようと血気にはやる。さらに調査を進めた彼は、事件の前後に1機の黒いセスナ機が必ず現れていることをつかむ。

そして、とある町の飛行場でそのセスナをつきとめたリチャードは、機内で棺桶を発見する。実はその犯人は、何世紀も生き延びてきた本物の吸血鬼だったのだ。飛行場は死体の山で、リチャードはその中に例の吸血鬼ドワイトの姿を見る。するとドワイトは、リチャードに幻覚をもたらして彼を幻惑させる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Von Doviak, Scott (2014). Stephen King Films FAQ: All That's Left to Know About the King of Horror on Film. Hal Leonard Corporation. ISBN 9781480386181. 
  2. ^ The Night Flier (1997) - IMDb
  3. ^ The Night Flier (1998)”. Box Office Mojo (1998年2月20日). 2012年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]