ドランのキャデラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドランのキャデラック
Dolan's Cadillac
監督 ジェフ・ビーズリー
脚本 リチャード・ドーリング
原作 スティーヴン・キング
『ドランのキャデラック』
製作 ロンダ・ベーカー
アラン・ガニオン
スティーブン・オンダ
製作総指揮 ケヴィン・デウォルト
ロバート・ヴェーロ
出演者 クリスチャン・スレーター
ウェス・ベントリー
エマニュエル・ヴォージア
音楽 ジェームズ・マーク・スチュワート
撮影 ジェラルド・パッカー
公開 スウェーデンの旗2009年7月1日(DVD)
日本の旗劇場未公開
上映時間 89分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $10,000,000 [1]
テンプレートを表示

ドランのキャデラック』(Dolan's Cadillac)は2009年クライム映画。劇場未公開作品。 原作はスティーブン・キングの短編小説『ドランのキャデラック』[2]

ストーリー[編集]

殺人を目撃したという理由で、ギャングのボスであるドランは、ロビンソンの妻を殺させる。 遺されたロビンソンは、妻の幻影に導かれ、復讐の計画を練る。 だが、ドランの乗るキャデラックは銃弾に強い特別仕様。 長い期間ドランを監視したロビンソンは、ある方法で復讐を実行する。

ロビンソンはドランが人身売買のため、メキシコ国境近くの倉庫と、ラスベガスを行き来する際に定期的に通る砂漠の1本道を見つける。 そこで行われている道路工事現場で、ロビンソンは労働者として働き始める。 過酷な労働に倒れそうになるが、復讐心が彼を支え、灼熱の砂漠の労働に耐え続ける。 ついにロビンソンは、祝日で作業員がいなくなる「労働者の日」に、復讐を実行することを決める。

そして「労働者の日」。 ドランのキャデラックが通る直前、ロビンソンは道路標識を入れ替え、罠に誘導すると標識を元に戻す。 偽装された未完成の道路で、まんまと穴に落ちたドランはキャデラックに閉じ込められる。 誰もいない広大な砂漠の中で、ロビンソンの復讐が始まる。

ロビンソンは始め、偶然通りかかった通行人を演じ、ドランに希望を与えながら、少しずつ砂を落として埋め始める。 そして正体が分かると、埋め立て作業をする様子をネット中継し、車内のドランに見せる。 ドランは助かろうと必死に命乞いするが、ロビンソンはキャデラックごとドランを生き埋めにする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ Dolan's Cadillac(2009)” (英語). IMDb. 2015年7月13日閲覧。
  2. ^ Stephen King Adaptation Drives Direct-to-DVD

外部リンク[編集]