リチャード三世 (1995年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード三世
Richard III
監督 リチャード・ロンクレイン
脚本 イアン・マッケラン
リチャード・ロンクレイン
原作 ウィリアム・シェイクスピア
製作 Stephen Bayly
Lisa Katselas Paré
出演者 イアン・マッケラン
アネット・ベニング
ジム・ブロードベント
ロバート・ダウニー・Jr
クリスティン・スコット・トーマス
マギー・スミス
アドリアン・ダンバー英語版
ドミニク・ウェスト
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 ピーター・ビジウ
編集 Paul Green
製作会社 ユナイテッド・アーティスツ
配給 日本の旗 オンリー・ハーツ
公開 イギリスの旗 1995年12月29日
日本の旗 1997年2月15日
上映時間 104分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 £6,000,000
テンプレートを表示

リチャード三世』(Richard III )は、1995年製作のイギリス映画。主演はイアン・マッケランウィリアム・シェイクスピア同名の戯曲を原作とし、時代背景を架空の1930年代に置き換えている。

本作は、ロイヤル・ナショナル・シアターで上演するためにリチャード・エアーが手がけた舞台演出がもとになっている。この舞台で主演したのがイアン・マッケランであった。エアーの舞台演出は、マッケランによって映画向けに改変され、リチャード・ロンクレインが映画監督を務めた。

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

演出[編集]

本作では、イギリスの有名な建造物が形にとらわれず撮影に利用され、特殊効果も用いてロケ地の「置き換え」が行われた。そうした使われ方をされたロケ地には以下のようなものがある。

視覚演出の面では、様々なシンボル・制服・武器・車両が、ナチスのプロパガンダ映画(特に『意志の勝利』)や戦争映画に見られるような第三帝国の美意識から取り入れられている。同時に、英米のスタイル(制服や小道具、その他のヴィジュアル・モチーフ)も希釈・混合されている。リッチモンド軍とリチャード軍の戦闘シーンでは、双方が第二次世界大戦中のソ連の戦車(T-55T-34)を用いつつ、ドイツ・アメリカ・イギリスの車両が混用されている。

リチャードの死の場面では、リチャードに代わりヘンリーにフォーカスが当てられている。リチャードと同様の笑いを浮かべたヘンリーを映し出すことで、ヘンリーもリチャード同様の「悪」であることを印象付けている。

評価[編集]

本作は批評家から高い評価を受けており、Rotten Tomatoesでは96%の支持を集め、平均点は8.1/10となっている[1]。『エンパイア』では4/5の星を与え、「知的で魅惑的な作品」と評価している[2]

ジェフリー・ライオンズは本作を「魅力的」、タイム誌のリチャード・コリスは「映画的」とそれぞれ論評している[3]ロジャー・イーバートは四つ星を与え、本作を傑作映画の一つに選んでいる[4]

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 美術賞 トニー・バロウ ノミネート
衣装デザイン賞 シュナ・ハーウッド
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) イアン・マッケラン ノミネート
英国アカデミー賞 英国作品賞(アレクサンダー・コルダ賞) ノミネート
英国男優賞 イアン・マッケラン
脚色賞 リチャード・ロンクレイン
イアン・マッケラン
衣装デザイン賞 受賞
プロダクションデザイン賞
ベルリン国際映画祭 金熊賞 ノミネート
銀熊賞 (監督賞) リチャード・ロンクレイン 受賞
ヨーロッパ映画賞 主演男優賞 イアン・マッケラン 受賞

出典[編集]

  1. ^ Richard III”. Rotten Tomatoes. 2014年8月12日閲覧。
  2. ^ Errigo, Angie. “Empire's Richard III Movie Review”. Empireonline.com. 2014年8月12日閲覧。
  3. ^ Stern, Keith (1995年). “Richard III: Reviews”. Mckellen.com. 2014年8月12日閲覧。
  4. ^ Ebert, Roger (2009年10月7日). “Richard III Movie Review & Film Summary (1996)”. rogerebert.com. 2014年8月12日閲覧。

外部リンク[編集]