ボー・ウィリモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パック・ボーレガード・"ボー"・ウィリモンPack Beauregard "Beau" Willimon)は、アメリカ合衆国の劇作家、脚本家、プロデューサーである。

生い立ちと学歴[編集]

ミズーリ州セントルイスで生まれる。1995年にジョン・バローズ学校英語版を高校卒業証書を取得する。1999年にコロンビア大学BA、2003年にSchool of the Artsで劇脚本のMFAを獲得する[1][2]

1998年にチャールズ・シューマー英語版のキャンペーンにボランティアで参加し、これが後にヒラリー・クリントンビル・ブラッドリーハワード・ディーンとの仕事につながった[3]

ウィリモンはその後、ジュリアード学院リラ・アチソン・ウォレス英語版・アメリカン・プレイライト・プログラムに在籍し、Lila Acheson Wallace Juilliard Playwriting FellowshipとLe Compte du Nuoy Awardを獲得した[4]

キャリア[編集]

ジュリアード学院時代、ディーンの大統領キャンペーンでの経験からヒントを得て舞台『Farragut North』の脚本を執筆した。2008年にオフ・ブロードウェイで初演され、ジョン・ギャラガー・Jrクリス・ノースオリヴィア・サールビーが出演した[5]。翌年夏にはロサンゼルスでクリス・パイン主演で上演された。ウィリモンは2009年のジョン・ガスナー賞にノミネートされた[6]

Farragut North』は『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』(The Ides of March)として映画化され、2011年10月に公開された。監督はジョージ・クルーニー、脚本はクルーニーとグラント・ヘスロヴが執筆した。出演はライアン・ゴズリングエヴァン・レイチェル・ウッドフィリップ・シーモア・ホフマンポール・ジアマッティマリサ・トメイジェフリー・ライトらである。同年のアカデミー賞では 脚色賞ゴールデングローブ賞では作品賞 (ドラマ部門)脚本賞などにノミネートされた。

2012年、ウィリモンはBBCのテレビシリーズ『野望の階段英語版』のアメリカリメイクである『ハウス・オブ・カード 野望の階段』をネットフリックスで企画し、多くのエピソードの脚本も担当している。製作はメディア・ライツ・キャピタルが行い、デヴィッド・フィンチャーケヴィン・スペイシーはエグゼクティブ・プロデューサーを務める。出演はスペイシー、ロビン・ライトケイト・マーラコリー・ストールマイケル・ケリークリステン・コノリーコンスタンス・ジマー英語版セバスチャン・アーセラス英語版らである。2013年2月1日より配信が始まった。

参考文献[編集]

  1. ^ http://twitter.com/beauwillimon/status/305507534515630080
  2. ^ Biography - Beau Willimon”. Columbia University. 2013年2月4日閲覧。
  3. ^ Erickson, Amanda (2009年5月1日). “Beau Willimon ’99 Brings Politics Alive on Stage”. Columbia College Today. 2013年2月4日閲覧。
  4. ^ Biography Beau Willimon - Playwright, Lower Ninth (2007)”. Summer Play Festival. 2011年11月9日閲覧。
  5. ^ Dorment, Richard (2008年12月12日). “The Most Promising Young Playwright in America”. Esquire. 2013年2月4日閲覧。
  6. ^ Gans, Andrew (2009年4月20日). “Billy Elliot and Shrek Top Outer Critics Circle Awards Nominations”. Playbill. 2013年2月4日閲覧。

外部リンク[編集]