コリー・ストール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コリー・ストール
Corey Stoll
Corey Stoll
2014年コミコン・インターナショナル
本名 Corey Daniel Stoll
生年月日 (1976-03-14) 1976年3月14日(40歳)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ・舞台
活動期間 2001年 -
配偶者 ナディア・バワーズ
主な作品
『ストレイン 沈黙のエクリプス』
アントマン

コリー・ストールCorey Daniel Stoll, 1976年3月14日 - )は、アメリカ合衆国俳優。妻は女優のナディア・バワーズ[1]

来歴[編集]

ニューヨーク市マンハッタンアッパー・ウエスト・サイドに生まれる。ユダヤ系[2]ニューヨーク大学大学院を卒業後[3]、2001年に短編映画に出演。2003年、リンカーン・センター上演、ジャック・オブライエン演出《ヘンリー4世》でアンサンブルながらブロードウェイに初出演。

その後、『エイリアス』や『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』などの多くのテレビドラマにエピソード出演を始める。2005年には『スタンドアップ』で長編映画デビュー。2007年にはRoundabout Theatre Companyの制作でジョン・ヴァン・ドルーテン作《Old Acquaintance》(1940/『旧友』として映画化)のラッド役でブロードウェイに本格デビュー。

その後は、TVシリーズのゲスト、映画など大役を得るようになり多忙になか、リーエヴ・シュライバースカーレット・ヨハンソン主演で映画化を模索しながら実現できなかった企画を上演に置き換えたアーサー・ミラー作《橋からの眺めA View from the Bridge のブロードウェイ・リヴァイヴァルにマルコ役で出演した(2009年12月29日プレビュー、2010年4月4日クローズ、トニー賞演劇再演賞候補などに)。

ヨハンソンをヒロインに映画を撮っていたウディ・アレンは、この公演が終わるや、ストールを『ミッドナイト・イン・パリ』(2011年)にキャスティングし、小説家アーネスト・ヘミングウェイを演じさせた。公開されるや話題の作品となり、2012年第27回インディペンデント・スピリット賞助演男優賞にノミネートされた。その撮影後、『LAW & ORDER:LA』で初めてTVシリーズにレギュラーとなるが、1シーズンで打ち切り。しかし、この後出演した『ハウス・オブ・カード 野望の階段』が大成功。アルコール中毒の政治家ピーター・ルッソを熱演し、ゴールデン・グローブ賞助演男優賞をはじめ数々の演技賞の候補となった。

2016年、2度目のアレン作品「Café Society」がカンヌ映画祭オープニング作品になったことで、アレン、共演のクリステン・スチュアートブレイク・ライヴリーらとカンヌ・レッドカーペットを歩いた。

2015年6月21日に、女優のナディア・バワーズ Nadia Bowers(ナポレオン最初の妻ジョゼフィーヌの子孫)と結婚し、10月に一児をもうけた[1]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2005 スタンドアップ
North Country
リッキー・セネット
2006 ラッキーナンバー7
Lucky Number Slevin
ソウル
2007 ナンバー23
The Number 23
バーンズ
2009 PUSH 光と闇の能力者
Push
エージェント・マック
2010 ソルト
Salt
シュナイダー
2011 ミッドナイト・イン・パリ
Midnight In Paris
アーネスト・ヘミングウェイ
2012 ボーン・レガシー
The Bourne Legacy
ゼヴ・ヴェンデル
2014 フライト・ゲーム
Non-Stop
オースティン・ライリー
ノーマル・ハート
The Normal Heart
ジョン・ブルーノ テレビ映画
あなたを見送る7日間
This Is Where I Leave You
ポール・アルトマン
グッド・ライ〜いちばん優しい嘘〜
The Good Lie
ジャック
2015 ダーク・プレイス
Dark Places
ベン・デイ 日本公開は2016年6月[4]
アントマン
Ant-Man
ダレン・クロス / イエロージャケット
ブラック・スキャンダル
Black Mass
フレッド・ワイシャク
2016 Café Society ベン ウディ・アレン監督
The Seagull ボリス・アレクセーエヴィチ・トリゴーリン 原作戯曲《かもめ
マイケル・メイヤー監督
Gold スティーヴン・ゲイガン監督

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
2004 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
Sex Shop Clerk 1エピソード
チャームド〜魔女3姉妹〜
Charmed
Photographer 1エピソード
NYPDブルー
NYPD Blue
マーティン 1エピソード
2005 エイリアス
Alias
サシャ 1エピソード
NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
Numb3rs
リーチャー捜査官 1エピソード
ER緊急救命室
ER
テディ・マーシュ 1エピソード
CSI:マイアミ
CSI: Miami
クレイグ・シーボーン 1エピソード
2006 ロー&オーダー
Law & Order
ジェラルド 1エピソード
FBI失踪者を追え!
Without a Trace
スティーヴ・グッドマン 1エピソード
ザ・ユニット 米軍極秘部隊
The Unit
ボビー 1エピソード
交渉人 ~Standoff
Stand Off
ウェイン 1エピソード
2006-2007 NCIS ~ネイビー犯罪捜査班
NCIS: Naval Criminal Investigative Service
マーティン・クイン 3エピソード
2009 ニューヨーク1973/LIFE ON MARS
Life on Mars
ラッセル 1エピソード
グッド・ワイフ
The Good Wife
コリン・グラント 1エピソード
2010-2011 LAW & ORDER:LA
Law & Order : Los Angeles
トーマス・"TJ"・ジャルザルスキー 22エピソード
2013 ハウス・オブ・カード 野望の階段
House of Cards
ピーター・ルッソ 11エピソード
2014 HOMELAND
Homeland
サンディ・バックマン シーズン4エピソード1「誤算」[1]
2014- ストレイン 沈黙のエクリプス
The Strain
エフラム・"エフ"・グッドウェザー博士
2016 GIRLS/ガールズ
GIRLS [2]
ディル・ハーコート シーズン6
エピソード2「ただの友達」
エピソード4「オールド・ラブ」
エピソード7「「黙ってられない!」」
エピソード9「恋はラビリンス」

脚注[編集]

  1. ^ a b 『アントマン』コリー・ストールが結婚”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年7月1日閲覧。
  2. ^ “How Corey Stoll Manned Up for Hemingway in 'Midnight in Paris'”. Reuters. (2011年8月26日). http://www.reuters.com/article/2011/08/26/idUS48773608120110826 
  3. ^ NYU Graduate Acting Alumni” (2011年). 2011年12月8日閲覧。
  4. ^ 映画情報>ダーク・プレイス”. シネマトゥデイ. 2016年6月22日閲覧。

外部リンク[編集]