PUSH 光と闇の能力者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PUSH 光と闇の能力者
Push
監督 ポール・マクギガン
脚本 デヴィッド・ボーラ
製作 ブルース・デイヴィ
ウィリアム・ヴィンス英語版
グレン・ウィリアムソン
製作総指揮 グレッチェン・ソマーフェルド
デヴィッド・ボーラ
デイヴ・ヴァロー
エイミー・ギリアム
マイケル・オホーヴェン
スタン・ヴロドコウスキー
ナレーター ダコタ・ファニング
出演者 クリス・エヴァンス
ダコタ・ファニング
音楽 ニール・ダヴィッジ英語版
リザ・リチャードソン(監修)
撮影 ピーター・ソーヴァ
編集 ニコラ・トランバシエヴィッツ
製作会社 Icon Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年2月6日
日本の旗 2009年11月7日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
広東語
製作費 $38,000,000[1]
興行収入 $48,858,618[1]
テンプレートを表示

PUSH 光と闇の能力者』(プッシュひかりとやみののうりょくしゃ、Push)は、2009年アメリカ合衆国SFアクション映画。題名の”PUSH”は、作中での「他人に異なる記憶を押し込む精神操作能力」のことを指す。

ストーリー[編集]

かつてナチスが始めた超能力を持つ兵士の開発研究は、戦後各国が引き継ぎディビジョンと呼ばれる部署を設けて続けられた。ディビジョンは市井の超能力者を野生動物のように捕縛し集め、非人道的な人体実験を行っている。 主人公ニックは10年前にディビジョンに父を殺された過去を持つムーバーの第2世代で、以来逃亡生活を続け、現在は香港に潜伏している。ニックの父は死の直前にいつか花を持ってきた少女を助けるようにと言い残した。ニックの能力は不安定で、街角のサイコロ賭博にも勝てず借金を抱える。ある日ニックはディビジョンのスニファーのエージェント2名に訪問される。逃亡した女性の行方を捜しているとのことだったが、ニックには覚えがない。エージェントが帰った直後、今度はキャシーというローティーンの少女がやってくる。キャシーはウォッチャーで大金のもうけ話を持ちかける。

キャスト[編集]

ニック・ガント
演 - クリス・エヴァンス、日本語吹替 - 加瀬康之
能力はムーバー。幼い頃、父親をディビジョンに殺された経緯を持つ青年。ディビジョンの追跡から香港に逃れてきた。
キャシー・ホームズ
演 - ダコタ・ファニング、日本語吹替 - 園崎未恵
能力はウォッチャー。母親をディビジョンに攫われ、ニックに助けを求めてくる。
キラ・ハドソン
演 - カミーラ・ベル、日本語吹替 - 木下紗華
能力はプッシャー。ディビジョンに攫われた後、投薬した薬に耐え切った唯一の能力者。キャシーの母親の助けでディビジョンを脱出する。
フック・ウォーターズ
演 - クリフ・カーティス、日本語吹替 - 志村知幸
能力はシフター。ニックに協力する。
ピンキー・ステイン
演 - ネイト・ムーニー英語版、日本語吹替 - 咲野俊介
能力はシャドウ。ニックに協力する能力者。キラをスニファーから匿う。ニックネームは小指ピンキー)がないことから。
ヘンリー・カーバー
演 - ジャイモン・フンスー、日本語吹替 - 乃村健次
能力はプッシャー。ディビジョン側の能力者。唯一耐え切ったキラを捕獲するために香港にやってくる。
ヴィクター・ブダリン
演 - ニール・ジャクソン英語版
能力はムーバー。ディビジョン側の能力者。ヘンリーと行動を共にする。
エミリー・ウー
演 - ミン・ナ、日本語吹替 - 北西純子
能力はスニファー。フックの紹介で訪れたニックたちにキラの居場所を教える。
ニックの父
演 - ジョエル・グレッチ
能力はムーバー。「花を持ってくる少女を助けろ」とニックに遺言を残したあと、追ってきたヘンリーに殺される。
テレサ・ストー
演 - マギー・シフ英語版
能力はスティッチャー。過去にキャシーの母親に助けられたことがあり、ニックの傷を癒す。
エージェント・マック
演 - コリー・ストール
能力はスニファー。ディビジョン側の能力者。ヘンリーの命を受けてキラを追ってきた。
エージェント・ホールデン
演 - スコット・マイケル・キャンベル
能力はスニファー。ディビジョン側の能力者。エージェント・マックの相棒。

登場する超能力者のタイプ[編集]

  • ウォッチャー
未来予知能力。関係する人間の知識・経験が変化する影響で、予知できる未来も常に変化するため、ウォッチャーのビジョンは頻繁に変更される。変更される結果を予測する力量も問われる。
  • ムーバー
念動力(サイコキネシス)。物質に直接接触しないで操作する能力。高レベルになると空気中の分子レベルで操作を行い保護フィールドを作成することが出来、自身の肉体の攻撃能力を強化することもできる。
  • プッシャー
記憶操作能力。他人に偽の記憶や感情・思考の注入を行う能力。高レベルになるとより多くの人数の操作を同時に行う事が出来、軍隊のように戦わせる事も可能となる。能力発動中は目の色などの印象が変わる。
  • ブリーダー
音による振動を放出する能力。ソニックバイブレーション。振動と音量により人や物を破壊する。
  • スニファー
サイコメトリー能力。匂いから物体に接触した人物の過去と現在を特定する。
  • シフター
一時的に物体の外観を変更し錯覚させる能力。劇中では500ドル札の大きさのただの紙を本物の500ドル札に見せていた。効果が持続する時間は能力者次第。
  • ワイパー
ターゲットの記憶の一部を削除する能力。
  • シャドー
ターゲットをスニファーなどの能力者からブロックする能力。高レベルになるとひとつのビル全てを隠す事ができるようになる。
  • スティッチャー
ターゲットの肉体を再構築する能力。癒すことも壊す事も自由に行える。

スタッフ[編集]

  • 監督:ポール・マグウィガン
  • 製作:ブルース・デイヴィ、ウィリアム・ヴィンス、グレン・ウィリアムソン
  • 製作総指揮:グレッチェン・ソマーフェルド、デヴィッド・ボーラ、デイヴ・ヴァロー、エイミー・ギリアム、マイケル・オホーヴェン、スタン・ヴロドコウスキー
  • 脚本:デヴィッド・ボーラ
  • 撮影:ピーター・ソーヴァ
  • プロダクションデザイン:フランソワ・セギュアン
  • 衣装デザイン:ニナ・プロクター、ラウラ・ゴールドスミス
  • 編集:ニコラ・トランバシエヴィッツ
  • 音楽:ニール・ダヴィッジ
  • 音楽監修:リザ・リチャードソン

参考文献[編集]

  1. ^ a b Push (2009)”. Box Office Mojo. 2012年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]