フライト・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フライト・ゲーム
Non-Stop
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 ジョン・W・リチャードソン
クリス・ローチ
ライアン・イングル
製作 ジョエル・シルヴァー
アンドリュー・ローナ
アレックス・ハインマン
製作総指揮 スティーヴ・リチャーズ
ロン・ハルパーン
オリヴィエ・クールソン
ハーバート・W・ゲインズ
ジェフ・ワドロウ
出演者 リーアム・ニーソン
音楽 ジョン・オットマン
撮影 フラビオ・ラビアーノ
編集 ジム・メイ
製作会社 スタジオカナル
Anton Capital Entertainment (ACE)
Silver Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ギャガ
公開 フランスの旗 2014年1月27日(限定)
フランスの旗 2014年2月26日
アメリカ合衆国の旗 2014年2月28日
日本の旗 2014年9月6日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $92,168,600[1]
世界の旗 $222,809,600[1]
日本の旗 5億4000万円[2]
テンプレートを表示

フライト・ゲーム』(Non-Stop)は、2014年アメリカ合衆国アクションスリラー映画

ストーリー[編集]

航空保安官ビル・マークスは、過去のとある出来事が原因で酒に溺れ、その心は荒みきっていた。一般客を装いニューヨークロンドン行きの便に乗り込んだマークスは、普段と変わらない様子で任務を開始した。

ところが、飛行機大西洋上空に到達した頃、マークスの携帯電話に差出人不明のメールが入る。そのメールには「指定の口座に1億5000万ドル送金しなければ、20分ごとに機内の誰かを殺害する。」という恐ろしい内容が記されていた。ただのイタズラとは思えない内容に危惧の念を抱いたマークスは、独自に捜査を開始するが、彼をあざ笑うかのように次々と犠牲者が出てしまう。

しかも、指定された口座の名義人は他ならないマークス自身であり、それが公になったことで味方であるはずの国土安全保障省や乗務員、乗客からも彼自身が犯人なのではないかという疑いをかけられてしまう。敵だらけの状況下で、マークスは姿の見えない凶悪犯と戦うことを決意する。

キャスト[編集]

ビジネスクラスの乗客[編集]

ビル・マークス
演 - リーアム・ニーソン、日本語吹替 - 石塚運昇
航空保安官。今回の任務ではビジネスクラスの乗客を装っていた。過去には優秀な警察官だったが、とある出来事が原因で心に傷を負ってしまい退職、今の職に就いた。現在はそれが原因でアルコール依存症になってしまっている。またヘビースモーカーであり、機内のトイレで隠れてタバコを吸う悪癖がある等、素行は決して良いわけではなく、同僚や上官からの評判も良くない。しかし、卓越した捜査能力や格闘術、銃の扱いは今でも健在である。実は飛行機の離陸が大の苦手で、娘からもらった青いリボンお守り代わりにしている。使用銃はSIG P226R エリートステンレス。
ジェン・サマーズ
演 - ジュリアン・ムーア、日本語吹替 - 日野由利加
ビジネスクラスの乗客。窓側の座席に強いこだわりを持っており、ザックと交換する形でマークスの隣の席になる。気さくな性格で、離陸前に緊張しているマークスにも優しく声をかける。しかし、一方で自分の素性は語りたがらず、マークスが質問してもはぐらかされてしまう。胸に大きな手術痕が残っている。乗客の中では唯一マークスの主張を信じ、彼の捜査に協力する。
ザック・ホワイト
演 - ネイト・パーカー、日本語吹替 - 櫻井トオル
ビジネスクラスの乗客。黒人。スマートフォンプログラマー。手荷物検査の際に携帯電話の会話に夢中なり、後ろにいたマークスに順番を抜かされる。後にマークスから捜査への協力を依頼される。
アイリス・マリアン
演 - バー・パリー英語版
ビジネスクラスの乗客。マークスの後ろの席に座っているセクシーな美女。かなり奔放な性格で、同乗した男性と座席で激しくイチャつき始め、マークスにもアプローチをかけてくる。

エコノミークラスの乗客[編集]

ジャック・ハモンド
演 - アンソン・マウント
航空保安官。マークスの同僚。エコノミークラスの乗客を装っている。素行が良くないマークスとの折り合いは悪い。また自身も大きな隠しごとを秘めている。使用銃はSIG P229R。
ファヒム・ナジール
演 - オマー・メトワリー英語版
エコノミークラスの乗客。アラブ系医師。分子神経科学を専門としている。機内の怪我人の手当てを行う。
チャールズ・ウィーラー
演 - フランク・ディール英語版、日本語吹替 - 桂一雅
エコノミークラスの乗客。破産処理専門の弁護士。マークスの捜査に反感を抱き、同じく彼を疑うライリーに協力する。
オースティン・ライリー
演 - コリー・ストール、日本語吹替 - 野沢聡
エコノミークラスの乗客。ニューヨーク市警察警察官。マークスの捜査に反感を抱き、彼こそがテロリストなのではないかという疑いを強めていく。
トラヴィス・ミッシェル
演 - コリー・ホーキンス
エコノミークラスの乗客。素行が悪いギャング風の黒人。マークスの捜査に反感を抱き、同じく彼を疑うライリーに協力する。
トム・ボーウェン
演 - スクート・マクネイリー、日本語吹替 - マンモス西尾
エコノミークラスの乗客。教師。空港でマークスに行き先を尋ねるが、軽くあしらわれる。後にその行動をマークスに不信に思われ、身柄を拘束されてしまう。
ベッカ
演 - クイン・マッコルガン
エコノミークラスの乗客。幼い少女。父が待つロンドンへ一人向かうために、今回初めて飛行機に乗った。
ドイツ人青年
演 - オリバー・レーン
エコノミークラスの乗客。父親と共に飛行機に乗っている。捜査をしているマークスの姿を携帯電話で撮影し、ネットに無断でアップロードする。

乗務員[編集]

デヴィッド・マクミラン
演 - ライナス・ローチ
機長。ベテランで今回の事態にも冷静に対処する。自らの指示を無視して捜査を続けるマークスをTSAに通報する。
カイル・ライス
演 - ジェイソン・バトラー・ハーナー、日本語吹替 - 半田裕典
副操縦士。機長のデヴィッドとは公私ともに親しくしている。ナンシーと一夜を共にしており、彼女の気を惹こうと考えている。素行の悪いマークスに対して不信感を抱いており、彼の主張にも耳を貸そうとしない。
ナンシー
演 - ミシェル・ドッカリー、日本語吹替 - 鷄冠井美智子
客室乗務員のチーフ。パイロット以外で操縦室に入れる唯一の人物。マークスとは顔見知りであり、彼のアルコール依存症のことも知っている。乗務員の中では唯一マークスの主張を信じ、彼の捜査に協力する。
グウェン
演 - ルピタ・ニョンゴ、日本語吹替 - 杉浦慶子
客室乗務員。急遽欠員が出たため、ヘルプとして搭乗する。マークスの捜査に反感を抱く。

その他[編集]

マレニック
演 - シェー・ウィガム、日本語吹替 - 山岸治雄
TSAの捜査官。上官として、地上から機内のマークスに命令を出すが、次第に彼自身がテロリストなのではないかという疑いを強めていく。

ホームメディア[編集]

日本では、ギャガよりBlu-ray、DVDが発売。発売に先駆けレンタル用商品が販売された。

  • フライト・ゲーム ブルーレイ(2015年2月3日発売)
    • 初回限定:アウターケース・ブックレット・デジタルコピー付
  • フライト・ゲーム DVD(2015年2月3日発売)
    • 初回限定:アウターケース・ブックレット付
  • フライト・ゲーム スペシャル・プライス ブルーレイ(2015年12月2日発売) ※廉価版
  • フライト・ゲーム スペシャル・プライス DVD(2015年12月2日発売) ※廉価版

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Non-Stop” (英語). Box Office Mojo. 2015年1月27日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 73頁

外部リンク[編集]