ラン・オールナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラン・オールナイト
Run All Night
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 ブラッド・イングルスビー
製作 ロイ・リー英語版
ブルックリン・ウィーヴァー
マイケル・タドロス
製作総指揮 スティーヴン・マヌーチン
ジャウム・コレット=セラ
ジョン・パワーズ・ミドルトン
出演者 リーアム・ニーソン
ジョエル・キナマン
コモン
エド・ハリス
音楽 トム・ホーケンバーグ(ジャンキーXL)
撮影 マーティン・ルーエ英語版
編集 ダーク・ウェスターヴェルト
製作会社 ラットパック=デューン・エンターテインメント
ヴァーティゴ・エンタテインメント
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年3月13日
日本の旗 2015年5月16日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $50,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $66,961,644[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $26,461,644[1]
日本の旗 2億2500万円[2]
テンプレートを表示

ラン・オールナイト』(Run All Night)は、2015年アメリカ合衆国で製作されたアクションスリラー映画ジャウム・コレット=セラが監督を務め、リーアム・ニーソンジョエル・キナマンコモンエド・ハリスが出演した。

ストーリー[編集]

ニューヨークブルックリン。そこで長年マフィアのボスであり親友のショーンに仕えてきた殺し屋のジミーは、過去に犯した数々の行いに対する罪悪感からアルコールに溺れる毎日を送っていた。そんなジミーの息子であるマイクは、父親を嫌悪してリムジン運転手をしながら妻子と共に慎ましく生きていた。

ある夜、マイクがリムジン内で客の帰りを持っていると、その客が殺害される現場を目撃してしまう。客を殺害したのは、ショーンの息子ダニーだった。目撃されたことを知ったダニーからなんとか逃げ切り帰宅したマイクのもとにジミーが現れ、「今夜見たことは誰にも話すな」と忠告を受ける。だがしばらくすると、目撃者を始末するために銃を持ったダニーがマイクのもとに現れる。ダニーがマイクに向けて引き金を引こうとしたその時、ジミーの放った弾丸がダニーの命を奪った。

ダニーがジミーによって殺害されたことを知ったショーンは、ジミーとマイクへの報復を決意する。こうしてショーンの部下や警察、そして殺し屋からも追われることになったジミーとマイクは、命がけの逃亡劇を開始する。

キャスト[編集]

ジミー・コンロン
演 - リーアム・ニーソン、日本語吹替 - 石塚運昇
マフィアのボスに長年仕えてきた殺し屋。若い頃は「墓掘り人ジミー」の異名で恐れられたが、現在は今までの行いに対する罪悪感からアルコールに溺れてしまい自堕落な生活を送っている。息子のマイクを救うために、自らのボスであり親友でもあるショーンの息子を殺害したことで、彼の追手や警察から息子を守るため奔走する。
マイク・コンロン
演 - ジョエル・キナマン、日本語吹替 - 小川輝晃
ジミーの息子。リムジンの運転手をしている。幼い頃はプロのボクサーを目指していたが挫折。現在はその経験を活かして、父親のいない少年にボクシングの指導を行っている。マフィアの殺し屋だった父ジミーのことを激しく嫌悪しているが、殺人現場を目撃したことで命を狙われ、それを助けてくれた父と共に逃亡を余儀なくされてしまう。
ショーン・マグワイア
演 - エド・ハリス、日本語吹替 - 菅生隆之
マフィアのボス。ジミーが長年仕えてきたボスであり、彼の唯一無二の親友でもある。街を裏で牛耳っており、警官の中には彼の言いなりになっている者もいる。自分の忠告を聞こうとしない息子ダニーには手を焼いているが、それでも愛しており、彼がジミーに殺害されたことを知ると、ジミーと息子のマイク双方への報復を開始する。
ダニー・マグワイア
演 - ボイド・ホルブルック、日本語吹替 - 神奈延年
ショーンの息子。自分を半人前扱いする父親を見返したいという思いが強く、独自にアルバニア・マフィアとの麻薬取引を計画するが、父親の協力が得られなかったことで失敗。それによるアルバニア・マフィアとの金銭トラブルから彼らを殺害するが、その様子をマイクに見られてしまう。その後、口封じのためにマイクを殺害しようとしたところを、ジミーに射殺される。
パット・マレン
演 - ブルース・マッギル
ショーンの腹心の部下。
ガブリエラ・コンロン
演 - ジェネシス・ロドリゲス
マイクの妻。愛称は「ギャビー」。マイクとの間に二人の娘を授かっており、今ももう一人を妊娠中である。マイクへの復讐を企むショーンにより、娘共々命を狙われてしまう。
ジョン・ハーディング刑事
演 - ヴィンセント・ドノフリオ、日本語吹替 - 大川透
ジミーを長年追っている刑事。過去に起きた数々の殺人事件の犯人がジミーであると睨んでおり、彼に自首するよう促す。ショーンの策略により警官殺しの容疑がかけられたジミーとマイクを追う指揮を執るが、次第に今回の事件の裏には何か別の真実が隠されているという疑いを持つようになる。
アンドリュー・プライス
演 - コモン、日本語吹替 - 仲田隼人
殺し屋。ショーンに雇われ、ジミーとマイクの命を狙う。最新の装備と卓越した技術で獲物を追い詰めていき、命を奪うまでは何があろうと諦めようとはしない。仕事の障害になるようなら、例え無関係の人間でも平気で殺害するような冷酷な人物。
エディ・コンロン
演 - ニック・ノルティ、日本語吹替 - 浦山迅
ジミーの兄。過去、殺し屋として何人もの命を奪ってきた弟を嫌悪しているが、傷ついた彼が訪ねてきた際は家に入れ治療の手助けを行った。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Run All Night” (英語). Box Office Mojo. 2015年5月17日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 78頁

外部リンク[編集]