ロスト・バケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロスト・バケーション
The Shallows
監督 ジャウム・コレット=セラ
脚本 アンソニー・ジャスウィンスキー
製作 リン・ハリス
マッティ・レシェム英語版
製作総指揮 ダグ・メリフィールド
ジャウム・コレット=セラ
出演者 ブレイク・ライブリー
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 フラビオ・ラビアーノ
編集 ジョエル・ネグロン
製作会社 コロンビア ピクチャーズ
Ombra Films
Weimaraner Republic Pictures
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年6月21日(プレミア上映)
アメリカ合衆国の旗 2016年6月24日
日本の旗 2016年7月23日
上映時間 86分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $119,100,758[2]
アメリカ合衆国の旗 $55,124,043[2]
日本の旗 1億6500万円[3]
テンプレートを表示

ロスト・バケーション』(原題: The Shallows)は、2016年アメリカ合衆国スリラー映画。原題の「Shallows」は「浅瀬」という意味の英語。

ストーリー[編集]

亡き母が教えてくれた秘密のビーチ。医学生のナンシーは休暇を利用してついにそのビーチを訪れる。母に先立たれた父と幼い妹の世話、医師となる為の勉強漬けの日々から解放されるナンシー。そんな彼女の最高の休暇は一匹の巨大な人喰いザメによって、一転恐怖に支配されることになるのだった…

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4]

エピソード[編集]

  • ロケ地はオーストラリアロード・ハウ島
  • ナンシーのサーフィンシーンを演じたのはオーストラリアの19歳のプロサーファーイザベラ・ニコルズ英語版で、ワックスの塗り方やパドリングなどを指導した。
  • ナンシーの腕時計はカシオBABY-G」のBG169R-8モデルであるが、実際にはこのモデルにはタイドグラフ(潮汐機能)は付いていない。
  • ナンシーが手でカニをつぶすシーンはCGであるが、食べようとしたのは本物の死んだカニである。
  • クジラの死骸は発泡スチロールで製作された。
  • ブレイク・ライヴリーは、撮影時に2人目の子供を妊娠中だった[5]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには216件のレビューがあり、批評家支持率は78%、平均点は10点満点で6.49点となっている。サイト側による批評家からの見解は主に、ブレイク・ライヴリーの演技に高い評価が寄せられた。また、Metacriticには35件のレビューがあり、加重平均値は59/100となっている。映画評論家のリチャード・ローパーは本作に対し「暑い夏に鑑賞するにはピッタリな娯楽映画」として好意的な評価を与えた。

参考文献[編集]

  1. ^ The Shallows (15)”. British Board of Film Classification (2016年6月27日). 2016年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c The Shallows” (英語). Box Office Mojo. 2016年9月29日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.74
  4. ^ ロスト・バケーション Blu-ray”. 2016年9月29日閲覧。
  5. ^ The Shallows (2016) Trivia

外部リンク[編集]