ラッキーナンバー7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラッキーナンバー7
Lucky Number Slevin
監督 ポール・マクギガン
脚本 ジェイソン・スマイロヴィック
製作 クリストファー・エバーツ
アンディ・グロッシュ
キア・ジャム
ロバート・S・クラヴィス
タイラー・ミッチェル
アンソニー・ルーレン
クリス・ロバーツ
製作総指揮 ジェーン・バークレイ
ドン・カーモディ
A・J・ディックス
シャロン・ハレル
エリ・クライン
アンドレアス・シュミット
ビル・シヴリー
出演者 ジョシュ・ハートネット
ルーシー・リュー
ブルース・ウィリス
モーガン・フリーマン
ベン・キングズレー
音楽 J・ラルフ
撮影 ピーター・ソーヴァ
編集 アンドリュー・ヒューム
配給 アートポート
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年4月7日
日本の旗 2007年1月13日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ラッキーナンバー7』(ラッキーナンバーセブン、原題:Lucky Number Slevin )は、2006年公開のアメリカ映画。20年前の出来事をきっかけに、NYにやってきた不運な青年を軸に展開するサスペンス映画

2人のマフィアのボスをモーガン・フリーマンベン・キングズレーが演じ、暗殺者グッドキャットをブルース・ウィリスが演じる。

ストーリー[編集]

空港の待合室で、車椅子に乗った初老の男が若い男に、「カンザス・シティー・シャッフル英語版」を知っているか尋ね、それに関する昔話を始める。

遡ること20年前、ニューヨークの競馬場で興奮剤を使った八百長が計画され、偶然その情報を知った男・マックスはノミ屋から2万ドルを借金して、7番の馬に賭ける。しかし、その馬はゴール直前で転倒し失格に。借金が返せなくなったマックスは、ノミ屋の背後にいたギャングに拉致され、見せしめに妻子もろとも殺される。

現在。スレヴンという若い男が友人のニックを尋ねてニューヨークにやってくるが、ニックは部屋を留守にしている。スレヴンが勝手に部屋へ入ってシャワーを浴びていると、部屋にやってきたギャング二人組にニックと間違われ、裸のまま彼らの「ボス」のもとへ連れていかれる。ニックに多額の金を貸しているボスは、自分の息子が暗殺されたことに対する報復として、ライバル組織のリーダー「ラビ」の息子を暗殺するようニック(スレヴン)に強要する。スレヴンは人違いだと主張するが受け入れられず、諦めて暗殺を引き受ける。

しかし、ボスはプロの殺し屋・グッドキャットにも暗殺を依頼しており、ニック(スレヴン)を偽装工作の犠牲にする計画であることがほのめかされる。またグッドキャットはラビのもとにも顔を出す。ボスやラビの下に出入りするスレヴンを怪しいと感じたブリコウスキー刑事は彼を追い始め、ニックの隣室の女性監察医・リンジーはスレヴンが巻き込まれた事件の謎解きを始める。

そうした周囲に翻弄されつつも、ラビの息子に会って彼の部屋に招かれたスレヴンは暗殺を敢行。さらに、そこへやってきたグッドキャットと協力して、息子の護衛や事件現場を始末し、ボスとラビをも拉致・拘束する。実は、グッドキャットとスレヴンは共謀しており、両組織のノミ屋を殺して帳簿を奪ったのも、ボスの息子を暗殺したのも、二人の仕業だった。そして、20年前、当時は仲間だったボスとラビが八百長事件でマックスを殺したこと、マックスの子供を殺すよう命じられたグッドキャットはその子を連れてニューヨークを去ったこと、負けた馬の名は「ラッキー・ナンバー・スレヴン」であったことが明かされる。こうしてスレヴンと名乗る男は両親を殺した一味に復讐を遂げる。

原題と邦題の違い[編集]

原題、及び物語の鍵となる馬の名前は「ラッキー・ナンバー・スレヴィン(Lucky Number Slevin)」だが、邦題では「ラッキーナンバー7(Lucky Number Seven)」となっている。7はスレヴィンのレースにおける番号である。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

外部リンク[編集]