カフェ・ソサエティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カフェ・ソサエティ
Café Society
監督 ウディ・アレン
脚本 ウディ・アレン
製作 レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
エドワード・ウォルソン
ナレーター ウディ・アレン
出演者 ジェシー・アイゼンバーグ
クリステン・スチュワート
ブレイク・ライヴリー
スティーヴ・カレル
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
編集 アリサ・レプセルター
製作会社 グラヴィエ・プロダクションズ
ペルディード・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート/アマゾン・スタジオズ
日本の旗 ロングライド
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年7月15日(限定公開)
アメリカ合衆国の旗2016年7月29日(拡大公開)
日本の旗 2017年5月5日
上映時間 96分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 3000万ドル[2]
興行収入 世界の旗$43,763,247[3]
日本の旗 1億2000万円[4]
テンプレートを表示

カフェ・ソサエティ』(原題:Café Society)は2016年アメリカ合衆国で公開のロマンティック・コメディ映画である。監督はウディ・アレン、主演はジェシー・アイゼンバーグが務める。

本作は2016年5月11日から開催される第69回カンヌ国際映画祭のオープニング作品として上映された[5]

概要[編集]

1930年代ハリウッドは芸能人から政治家・ギャングまでありとあらゆる人間が出入りしていた。そんな世界に一人の野心ある青年が飛び込んでいった。彼の名前はボビー・ドーフマン。ボビーは業界の有力者でもある叔父のもとで働き始めたばかりであった。彼の恋愛を通してハリウッドの虚実が浮き彫りになっていく。

キャスト[編集]

製作[編集]

2015年3月9日、ウディ・アレンの新作映画にジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブルース・ウィリスが出演すると報じられた[6]。5月にはブレイク・ライヴリーの出演が決まった[7]。7月にはパーカー・ポージーの出演が確定した[8]。8月までにジーニー・バーリンコリー・ストールアンナ・キャンプサリ・レニックケン・ストットスティーヴン・クンケンポール・シュナイダートニー・シリコマックス・アドラーの出演が決まった[9][10][11]。24日、ブルース・ウィリスがスティーヴン・キングの小説『ミザリー』を原作とした劇に出演するために本作を降板した[12]。ウィリスの代役にはスティーヴ・カレルが選ばれた[13]。2016年3月、本作のタイトルが『Café Society』に決定した[14]

2015年8月17日、本作の主要撮影ロサンゼルスを中心に始まった[15]。9月8日にはニューヨークに移って撮影が続けられた[16]

なお、ウディ・アレンは本作の撮影でデジタル式映画撮影を初めて採用し、ソニー製のCineAltaF65を使用した[17]

公開[編集]

2016年2月、アマゾン・スタジオズが本作の配給権を購入した[18]。3月、本作が第69回カンヌ国際映画祭のオープニング作品に選出された[5]。5月19日にはシアトル国際映画祭のオープニング作品として上映される予定である[19]ライオンズゲートがアマゾン・スタジオズと共同で配給を担当し、本作を2016年8月12日に公開する予定であるとの報道があった[20]。後に、2016年7月15日に限定公開を開始し、22日から公開規模を拡大していくと変更された[21]

興行収入[編集]

2016年7月15日、本作は全米5館で限定公開され、公開初週末に35万9289ドル(1館当たり7万1858ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場18位となった[22]。7月29日、本作は全米631館にまで拡大公開され、週末に160万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング12位となった[23]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには240件のレビューがあり、批評家支持率は70%、平均点は10点満点で6.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『カフェ・ソサエティ』の愛らしいビジュアルと魅力的な演技は、晩年のアレンの軽快なコメディ作品の集大成である。物語の展開は予測通りだが、その欠点はそれ自体好ましいものですらあり、圧倒的な面白さで補われるものでもある。」となっている[24]。また、Metacriticには37件のレビューがあり、加重平均値は64/100となっている[25]

バラエティ』のオーウェン・グレイバーマンは本作の評価できる点と批判すべき点を挙げつつ、「『カフェ・ソサエティ』を見た者はこの作品がウディ・アレンの最高傑作でなされたような演出、つまり、アレンが自分自身を緊張感のある場所に追い込むことでなされる演出によってつくられたかのように思える。」と結論付けている[26]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果 出典
2017 第21回美術監督組合(ADC賞) 時代映画部門 未決定 [27]

参考文献[編集]

  1. ^ Cannes 2016 Line-Up Includes ‘Personal Shopper,’ ‘Paterson,’ ‘The Neon Demon,’ and More”. 2016年5月13日閲覧。
  2. ^ Why Woody Allen's New Movie Went to Amazon”. 2016年5月13日閲覧。
  3. ^ Cafe Society”. 2018年3月8日閲覧。
  4. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.64
  5. ^ a b Woody Allen's Café Society to open the 69th Festival International du Film”. 2016年5月13日閲覧。
  6. ^ Jesse Eisenberg, Bruce Willis, Kristen Stewart To Star In Next Woody Allen Pic”. 2016年5月13日閲覧。
  7. ^ Blake Lively Joins Cast of Woody Allen’s Next Film”. 2016年5月13日閲覧。
  8. ^ Parker Posey To Reteam With Woody Allen On Next Film”. 2016年5月13日閲覧。
  9. ^ Woody Allen Announces Cast for New Film”. 2016年5月13日閲覧。
  10. ^ Tony Sirico Joins Woody Allen’s Latest; Meagen Fay Tunes Up For ‘La La Land’”. 2016年5月13日閲覧。
  11. ^ Max Adler Powers Up For ‘Gods & Secrets’, ‘This Is Happening’ Gets Theatrical Release”. 2016年5月13日閲覧。
  12. ^ Bruce Willis Drops Out Of Woody Allen’s Movie: Broadway ‘Misery’ Schedule To Blame”. 2016年5月13日閲覧。
  13. ^ Steve Carell Replacing Bruce Willis In Woody Allen Movie”. 2016年5月13日閲覧。
  14. ^ Sean Penn, Woody Allen, Jeff Nichols Films Set for Cannes Film Festival”. 2016年5月13日閲覧。
  15. ^ On the Set for 8/21/15: Eddie Redmayne Starts Fantastic Beasts, Russo Brothers Wrap Up Captain America: Civil War”. 2016年5月13日閲覧。
  16. ^ Kristen Stewart Photos from the Set of the New Woody Allen Film”. 2016年5月13日閲覧。
  17. ^ Woody Allen Turns to Digital Camera for Next Movie”. 2016年5月13日閲覧。
  18. ^ Woody Allen’s New Movie Starring Kristen Stewart, Blake Lively Sells to Amazon”. 2016年5月13日閲覧。
  19. ^ Woody Allen’s ‘Cafe Society’ to Open Seattle Film Festival”. 2016年5月13日閲覧。
  20. ^ CinemaCon: Lionsgate Teaming With Amazon to Release Woody Allen's 'Cafe Society'”. 2016年5月13日閲覧。
  21. ^ ‘My Little Pony’ Trots Up To October 2017; ‘Cafe Society’ Changes To Platform Release”. 2016年5月13日閲覧。
  22. ^ July 15-17, 2016”. 2018年3月8日閲覧。
  23. ^ August 5-7, 2016”. 2018年3月8日閲覧。
  24. ^ Café Society”. 2018年3月8日閲覧。
  25. ^ Café Society”. 2018年3月8日閲覧。
  26. ^ Cannes Film Review: ‘Café Society’”. 2016年7月10日閲覧。
  27. ^ “第21回米美術監督組合賞ノミネート発表”. 映画.com. (2017年1月10日). http://eiga.com/news/20170110/11/ 2017年1月10日閲覧。 

外部リンク[編集]