マリサ・トメイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリサ・トメイ
Marisa Tomei
Marisa Tomei
生年月日 1964年12月4日(51歳)
出生地 ニューヨークブルックリン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な作品
いとこのビニー
イン・ザ・ベッドルーム
レスラー

マリサ・トメイMarisa Tomei, 1964年12月4日 - )は、アメリカ合衆国女優

来歴[ソースを編集]

生い立ち[ソースを編集]

ニューヨークブルックリンにて、イタリア系アメリカ人の両親のもとに生まれる。父親のゲイリーは弁護士、母親のパトリシア・“アビー”は教師[1]。弟のアダムも俳優。両親が演劇好きだったため、早い時期から女優になることを志す。

1982年にエドワード・R・マロー高校を卒業。ボストン大学に1年通うが、ソープオペラ『As the World Turns』に出演するチャンスを掴み、ニューヨーク大学に移る。その後ニューヨーク大学を中退。

キャリア[ソースを編集]

1984年に『フラミンゴキッド』の端役で映画デビュー。1986年にオフ・ブロードウェイデビューし、でシアター・ワールド賞を受賞。1992年の『いとこのビニー』でジョー・ペシのガールフレンド役でアカデミー助演女優賞を受賞し、一躍知られるようになる。

『いとこのビニー』以降伸び悩み、一発屋と呼ばれることがあったが、2001年公開の『イン・ザ・ベッドルーム』でこれまでとは違ったシリアスな役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされた。2003年には舞台でオスカー・ワイルドの『サロメ』でタイトルロールを演じた(共演はアル・パチーノダイアン・ウィースト)。

2007年公開のシドニー・ルメット監督作品『その土曜日、7時58分』と翌年公開のミッキー・ローク主演作品『レスラー』での演技が高く評価され、『レスラー』でアカデミー助演女優賞にノミネートされた。

私生活[ソースを編集]

過去にロバート・ダウニー・Jrダナ・アシュブルックと交際。2008年に12歳年下俳優のローガン・マーシャル=グリーンと映画のプレミアでキスしているところを目撃され、交際の噂が出る[2]

フィルモグラフィー[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

邦題/原題 役名 備考
1984 フラミンゴキッド
The Flamingo Kid
マンディ
1986 高卒物語
Playing for Keeps
トレイシー
1990 私立探偵パーカー・ケイン
Parker Kane
エイプリル テレビ映画
1991 オスカー
Oscar
リサ・プロヴォローネ
ザンダリーという女
Zandalee
レミー
1992 いとこのビニー
My Cousin Vinny
モナ・リサ・ヴィト アカデミー助演女優賞 受賞
堕ちた恋人たちへ
Equinox
ロージー・リヴァース
チャーリー
Chaplin
メイベル・ノーマンド
1993 忘れられない人
Untamed Heart
キャロライン
1994 ザ・ペーパー
The Paper
マーサ・ハケット
オンリー・ユー
Only You
フェイス・コルヴァッチ
1995 太陽に抱かれて
The Perez Family
ドリタ・エヴィータ・ペレス
フォー・ルームス
Four Rooms
マーガレット
1996 ミルドレッド
Unhook the Stars
モニカ・ウォーレン
1997 ウェルカム・トゥ・サラエボ
Welcome to Sarajevo
ニーナ
1998 ディープ・ハプニング
Since You've Been Gone
トリ テレビ映画
Fカップの憂うつ
Slums of Beverly Hills
リタ
2000 ハッピー・アクシデント
Happy Accidents
ルディ・ウィーヴァー
ザ・ウォッチャー
The Watcher
ポリー・ベイルマン
ハート・オブ・ウーマン
What Women Want
ローラ
2001 イン・ザ・ベッドルーム
In The Bedroom
ナタリー アカデミー助演女優賞 ノミネート
恋する遺伝子
Someone Like You...
リズ
ジェニファーの明日 あなたを抱きしめさせて
Jenifer
ニーナ テレビ映画
2002 踊るマハラジャ★NYへ行く
The Guru
レクシー
2003 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
サラ・スローン テレビアニメ、エピソード: A Star Is Born Again
N.Y.式ハッピー・セラピー
Anger Management
リンダ
2004 アルフィー
Alfie
ジュリー
2005 バイバイ、ママ
Loverboy
シビル
ビューティフルメモリー
Marilyn Hotchkiss' Ballroom Dancing & Charm School
メレディス・モリソン
酔いどれ詩人になるまえに
Factotum
ローラ
2007 その土曜日、7時58分
Before the Devil Knows You're Dead
ジーナ・ハンソン
さよなら。いつかわかること
Grace Is Gone
プールの女
団塊ボーイズ
Wild Hogs
マギー
2008 エージェント・オブ・ウォー
War, Inc.
ナタリー
レスラー
The Wrestler
キャシディ アカデミー助演女優賞 ノミネート
2010 僕の大切な人と、そのクソガキ
Cyrus
モリー
アダルトボーイズ青春白書
Grown Ups
観客 カメオ出演
2011 リンカーン弁護士
The Lincoln Lawyer
マギー・マクファーソン
ラブ・アゲイン
Crazy, Stupid, Love.
ケイト・タファティ
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜
The Ides Of March
アイダ・ホロウィッチ
サルベーション
Salvation Boulevard
ハニー・フォスター
2012 ノンストップ 救出
Inescapable
ファティマ
かぞくモメはじめました
Parental Guidance
アリス・シモンズ
2014 Re:LIFE〜リライフ〜
The Rewrite
ホリー・カーペンター
人生は小説よりも奇なり
Love Is Strange
ケイト・ハル
2015 クーパー家の晩餐会
Love the Coopers
エマ
マネー・ショート 華麗なる大逆転
The Big Short
シンシア・バウム
2016 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
Captain America: Civil War
メイ・パーカー
2017 スパイダーマン/ホームカミング
Spider-Man: Homecoming
メイ・パーカー

テレビシリーズ[ソースを編集]

邦題/原題 役名 備考
2006 レスキュー・ミー NYの英雄たち
Rescue Me
Angie 計4話出演
2015 Empire 成功の代償
Empire
ミミ・ホワイトマン 計5話出演

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Marisa Tomei Biography. Tiscali.co.uk.
  2. ^ “マリサ・トメイ、新恋人は12歳年下のローガン・マーシャル・グリーン?”. シネマトゥデイ. (2008年12月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0016403 2012年11月26日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]