キム・ハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キム・ハンター
Kim Hunter
Kim Hunter
本名 Janet Cole
生年月日 (1922-11-12) 1922年11月12日
没年月日 (2002-09-11) 2002年9月11日(満79歳没)
出生地 ミシガン州デトロイト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
配偶者 ウィリアム・ボールドウィン (1944-1946)
ロバート・エメット (1951-2000)

キム・ハンター(Kim Hunter, 1922年11月12日 - 2002年9月11日)は、アメリカ合衆国女優

経歴[編集]

本名はジャネット・コール(Janet Cole)。ミシガン州デトロイト出身。

アクターズ・スタジオで学び[1] 、1947年に舞台版の『欲望という名の電車』にステラ役で出演。1951年に映画化された時にも同じ役で出演し、1952年にアカデミー助演女優賞を受賞した。

しかし、1950年代半ばの赤狩りの時期に、共産主義者を支援した嫌疑でブラックリストに載ってしまい、テレビや映画での仕事がほとんどできなくなってしまった。公民権運動に熱心に取り組み、1962年には、多くの映画関係者が共産主義者と不当に告発されたことを受けて、最高裁判所で証言もしている。同年、名誉回復。その後、映画『猿の惑星』の最初の3作に出演し、再び脚光を浴びた。その後、テレビのソープオペラにたびたび出演した。

1944年から1946年の間、海軍大佐ウィリアム・ボールドウィンと結婚し、1人娘カティーをもうけた。1951年から2000年の間ロバート・エメットと結婚。2人の間には1人息子のショーン・エメット(1954年生)がいる。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1943 夫は還らず
Tender Comrade
ドリス
1944 カンタベリー物語
A Canterbury Tale
ボブの恋人 米国版追加シーンのみ
1945 大空に駈ける恋
You Came Along
フランシス
1946 天国への階段
A Matter of Life and Death
ジューン
1951 欲望という名の電車
A Streetcar Named Desire
ステラ アカデミー助演女優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 助演女優賞 受賞
1952 デッドライン~USA
Deadline - U.S.A.
ノラ
ニューヨークの異邦人
Anything Can Happen
ヘレン・ワトソン
1957 孤独の青春
The Young Stranger
ヘレン
1964 リリス
Lilith
ベア・ブライス博士
1968 猿の惑星
Planet of the Apes
ジーラ
泳ぐひと
The Swimmer
ベティ・グラハム
1970 続・猿の惑星
Beneath the Planet of the Apes
ジーラ
1971 新・猿の惑星
Escape from the Planet of the Apes
ジーラ
刑事コロンボ「二枚のドガの絵」
Columbo: Suitable For Framing
エドナ・マシューズ テレビシリーズ
1974 汚れた青春・非行少女クリス
Born Innocent
パーカー夫人 テレビ映画
のぞき魔!バッド・ロナルド/十代の異常な欲望
エレイン・ウィルビー
エレイン・ウィルビー テレビ映画
1976 暗黒の8月
Dark August
アドリアナ
ハンコック家の人々
The Dark Side of Innocence
キャスリーン・ハンコック テレビ映画
1979 ホワイト・ハウス
Backstairs at the White House
エレン・ウィルソン テレビ・ミニシリーズ
ゴールデン・ゲート殺人事件
The Golden Gate Murders
テレビ映画
1981 スコーキー/ユダヤとナチの凄絶な戦い
Skokie
バーサ・フェルドマン テレビ映画
1985 ケリー・マクギリスの プライベート・セッション
Private Sessions
ローズマリー テレビ映画
1987 キンドレッド
The Kindred
アマンダ・ホリンズ
1989 KKK:炎の十字架
Cross of Fire
テレビ映画
1990 マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴
Due occhi diabolici
ピム夫人 セグメントThe Black Cat
1998 しあわせ色のルビー
A Price Above Rubies
1999 想い出のブルー・ムーン
Blue Moon
シェイラ テレビ映画

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1952年 アカデミー助演女優賞:『欲望という名の電車[2]

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1952年 助演女優賞:『欲望という名の電車

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dick Kleiner: "The Actors Studio: Making Stars Out of the Unknown," The Sarasota Journal (Friday, December 21, 1956), p. 26. "That first year, they interviewed around 700 actors and picked 50. In that first group were people like Marlon Brando, Montgomery Clift, Tom Ewell, John Forsythe, Julie Harris, Kim Hunter, Karl Malden, E.G. Marshall, Margaret Phillips, Maureen Stapleton, Kim Stanley, Jo Van Fleet, Eli Wallach, Ray Walston and David Wayne."
  2. ^ ただし、ハンター本人は式典には出席しておらず、ベティ・デイヴィスが代理人として受賞した。

外部リンク[編集]