Re:LIFE〜リライフ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Re:LIFE〜リライフ〜
The Rewrite
監督 マーク・ローレンス
脚本 マーク・ローレンス
製作 マーティン・シェイファー
リズ・グロッツァー
製作総指揮 デヴィッド・コプラン
出演者 ヒュー・グラント
マリサ・トメイ
音楽 クライド・ローレンス
撮影 ジョナサン・ブラウン
編集 ケン・エルート
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
リザーヴ・ルーム
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
アメリカ合衆国の旗 RLJカンパニーズ英語版/イメージ・エンターテインメント英語版
日本の旗 キノフィルムズ
公開 中華人民共和国の旗 2014年6月15日
上海国際映画祭
イギリスの旗 2014年10月8日
アメリカ合衆国の旗 2015年2月13日
日本の旗 2015年11月20日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

Re:LIFE〜リライフ〜』(原題: The Rewrite)は、2014年アメリカ合衆国で製作されたロマンティック・コメディ・ドラマ映画。マーク・ローレンスが監督・脚本を務めた。出演はヒュー・グラントマリサ・トメイ

2014年6月15日の上海国際映画祭でプレミア上映された後、イギリスでは2014年10月8日に、アメリカ合衆国では2015年2月13日に劇場公開された[1]

ストーリー[編集]

若くしてアカデミー脚本賞を受賞した脚本家のキースは、その後15年間全くヒット作に恵まれず、いつしかハリウッドにも見捨てられてしまっていた。そんな彼に唯一残された道は田舎(ニューヨーク州ビンガムトン)のビンガムトン大学で脚本家志望の学生たちの講師になるというものだった。渋々この仕事を引き受けたキースだったが、就任早々学生に手を出すなど、好き勝手な振る舞いばかりで全くやる気を見せようとはしなかった。しかし、学生たちの脚本にかける真摯な思いに触れることで、いつしか自身も失いかけていた情熱を取り戻していく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]