ウェルカム・トゥ・サラエボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェルカム・トゥ・サラエボ
Welcome To Sarajevo
監督 マイケル・ウィンターボトム
脚本 フランク・コットレル・ボイス
製作 グレアム・ブロードベント
ダミアン・ジョーンズ
出演者 スティーヴン・ディレイン
音楽 エイドリアン・ジョンストン
撮影 ダフ・ホブソン
編集 トレヴァー・ウェイト
配給 日本の旗 アスミック・エース
公開 イギリスの旗 1997年11月21日
日本の旗 1997年7月25日
上映時間 103年
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
セルビア・クロアチア語
製作費 $9,000,000
テンプレートを表示

ウェルカム・トゥ・サラエボ」(Welcome To Sarajevo)は、1997年製作のイギリス映画である。マイケル・ウィンターボトム監督。内戦下のサラエヴォを舞台に、イギリス人ジャーナリストの葛藤を描く。

イギリスの記者、マイケル・ニコルソンの実体験を元に描かれている。

ストーリー[編集]

1992年、ITNの記者マイケルは、「地上で14番目に危険な場所」であるサラエヴォを訪れた。アメリカ人ジャーナリストのジミーと出会ったマイケルは、共に銃弾の中、衝撃的な映像を求めて取材を続けていた。絶望的な状況に苦しむ人々の姿に心を痛めるマイケルだが、西欧諸国はほとんど関心を持たない状況であった。マイケルはある日、前線にある孤児院でエミラという少女を出会う。

キャスト[編集]

役名: 俳優(ソフト版吹き替え)

外部リンク[編集]