僕の大切な人と、そのクソガキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
僕の大切な人と、そのクソガキ
Cyrus
監督 ジェイ・デュプラス
マーク・デュプラス
脚本 ジェイ・デュプラス
マーク・デュプラス
製作 マイケル・コスティガン
製作総指揮 リドリー・スコット
トニー・スコット
音楽 マイケル・アンドリュース
撮影 ジャス・シェルトン
編集 ジェイ・ドゥービー
製作会社 スコット・フリー・プロダクションズ
配給 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年1月23日サンダンス映画祭
アメリカ合衆国の旗 2010年6月18日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000[1]
興行収入 $9,923,855[1]
テンプレートを表示

僕の大切な人と、そのクソガキ』(ぼくのたいせつなひととそのクソガキ、Cyrus)は、デュプラス兄弟の監督、脚本による2010年のコメディ映画である。

ストーリー[編集]

離婚したジョンは、モリーという自分の理想にあった女性とパーティで出会う。彼女は21歳になる息子・サイラスと同居していた。サイラスはジョンを受け入れたかに見えたが、実はサイラスはマザコンだった。

キャスト[編集]

ジョン
演 - ジョン・C・ライリー、日本語吹き替え - 山野井仁
バツイチ。元妻に何かと頼る。
サイラス
演 - ジョナ・ヒル、日本語吹き替え - こぶしのぶゆき
マザコン青年。
モリー
演 - マリサ・トメイ、日本語吹き替え - 安藤麻吹
サイラスの母。
ジェイミー
演 - キャサリン・キーナー、日本語吹き替え - 沢海陽子
ジョンの元妻。
ティム
演 - マット・ウォルシュ
ジェイミーの婚約者。
アジア系の女性
演 - ダイアン・ミゾタ
ジョンがパーティで出会った女性。

評価[編集]

Rotten Tomatoesでは149のレビューのうち119がフレッシュで、新鮮映画に認定された[2]

受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
インディペンデント・スピリット賞[3] 主演男優賞 ジョン・C・ライリー ノミネート
放送映画批評家協会賞[4] コメディ映画賞 ノミネート
サテライト賞[5] ミュージカル・コメディ映画賞 ノミネート
主演男優賞(ミュージカル・コメディ映画) ジョン・C・ライリー
主演女優賞(ミュージカル・コメディ映画) マリサ・トメイ

参考文献[編集]

  1. ^ a b Cyrus (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2011年5月3日閲覧。
  2. ^ Cyrus Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年5月3日閲覧。
  3. ^ 2011 TWENTY-SIX YEARS OF NOMINEES & WINNERS (PDF)”. 2011年5月3日閲覧。
  4. ^ Broadcast Film Critics Association Awards Nominees”. Broadcast Film Critics Association (2010年12月13日). 2011年5月3日閲覧。
  5. ^ 15th Annual SATELLITE Awards Nomination List (PDF)”. 国際プレスアカデミー. 2011年5月3日閲覧。

外部リンク[編集]