ケイト・マーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイト・マーラ
Kate Mara
Kate Mara
2015年
生年月日 1983年2月27日(32歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークベッドフォード
職業 俳優
活動期間 1997年-

ケイト・マーラKate Mara, 1983年2月27日 - )は、アメリカ合衆国俳優。テレビ・映画・舞台で活躍する。妹のルーニー・マーラも女優。

略歴[編集]

ニューヨークベッドフォード生まれ。ニューヨーク・ジャイアンツの副社長である父ティモシー・クリストファー・マーラ[1]と母キャスリーン・マクナルティ(旧姓ルーニー)のもとに生まれた[2]。ルーニー家は北アイルランドダウン州から移民してきたアイルランド系アメリカ人の家系であり[3]、大叔父のダン・ルーニーはアイルランド財団(アイルランド系の人々への援助を目的とする財団)のアメリカ代表を務めていた。

9歳の時から学校や地元の舞台に立つようになる[4][5]

私生活[編集]

父親が11人兄弟の一人なため、22人の伯父伯母、40人のいとこがいるという[6]。2010年よりマックス・ミンゲラと交際している[7]

フィルモグラフィー[編集]

  • 邦題が定まっている作品のみを記す

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
1999 グッバイ・ジョー
Joe the King
アリソン
ランダム・ハーツ
Random Hearts
ジェシカ・チャンドラー
2004 GEAR/ギア
Prodigy
2005 ルール 封印された都市伝説
Urban Legends: Bloody Mary
サマンサ・オーウェンズ
ブロークバック・マウンテン
Brokeback Mountain
アルマ・Jr (19歳)
ソング・フォー・カリフォルニア
The Californians
ゾーイ・トリップ
2006 キャプテン・ズーム
Zoom
サマー・ジョーンズ / ワンダー
マシュー・マコノヒー マーシャルの奇跡
We Are Marshall
アニー・キャントレル
2007 ザ・シューター/極大射程
Shooter
サラ・フェン
2008 暴走特急 シベリアン・エクスプレス
Transsiberian
アビー
2009 最高の人生の選び方
The Open Road
ルーシー
2010 ハッピーサンキューモアプリーズ ニューヨークの恋人たち
Happythankyoumoreplease
ミシシッピ
アイアンマン2
Iron Man 2
U.S. Marshal
127時間
127 Hours
クリスティ・ムーア
2011 アイアンクラッド
Ironclad
イザベル
2012 デッドフォール 極寒地帯
Deadfall
ハンナ
2014 トランセンデンス
Transcendence
ブリー
2015 ファンタスティック・フォー
Fantastic Four
スー・ストーム / インビジブル・ウーマン

テレビシリーズ[編集]

邦題/原題 役名 備考
1997 ロー&オーダー
Law & Order
ジェナ 1エピソード
2001 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Cold Case
ロリ 1エピソード
2003 エバーウッド 遥かなるコロラド
Everwood
ケイト・モリス 2エピソード
NIP/TUCK マイアミ整形外科医
Nip/Tuck
ヴァネッサ・バーソロミュー 4エピソード
コールドケース 迷宮事件簿
Law & Order: Special Victims Unit
シル・シェルビー 1エピソード
ボストン・パブリック
Boston Public
ヘレナ 1エピソード
2004 CSI:マイアミ
CSI: Miami
ステファニー・ブルックス 1エピソード
CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ジャネル・マクリン 1エピソード
2006 24 -TWENTY FOUR-
24
シャリ・ローゼンバーグ 5エピソード
2009 アントラージュ★オレたちのハリウッド
Entourage
ブリタニー 4エピソード
2011 アメリカン・ホラー・ストーリー: 呪いの館
American Horror Story: Murder House
ヘイデン・マククレイン 8エピソード
2013 - 2014 ハウス・オブ・カード 野望の階段
House of Cards
ゾーイ・バーンズ 13エピソード

参照[編集]

  1. ^ ジャイアンツオーナー一族出身、マーラがアカデミー賞候補者に”. NFL JAPAN (2012年1月25日). 2012年1月26日閲覧。
  2. ^ Bird, David (1980年12月24日). “Notes on People; It's Goodbye for a Long-Time Greeter Mara and Rooney Clans to Gather at Wedding Rudolf Bing Speaks His Mind About the Met Former Student Musician Has a New Role Santa Gets a Helper”. New York Times. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F60E17FE3E5E12728DDDAD0A94DA415B8084F1D3 2010年4月30日閲覧。 
  3. ^ Drew, April (August 18, 2010). "Rooney Mara, the girl with the shamrock tattoo". Irish Central. Retrieved on August 18, 2010.
  4. ^ Lynch, Lorrie (July 30, 2006). "Who's News". USA Weekend. Retrieved February 27, 2007.
  5. ^ Nip/Tuck media guide. 2003. FX Networks.
  6. ^ Schwartz, Paul. "Emotion Was Right Potion - Fueled by Mara, Giants Blank Redskins", New York Post, October 31, 2005
  7. ^ Kimberley Dadds (2012年4月13日). “Max Minghella and girlfriend Kate Mara are casual chic as they step out in co-ordinating outfits for romantic stroll”. Daily Mail. 2012年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]