エヴァン・レイチェル・ウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エヴァン・レイチェル・ウッド
Evan Rachel Wood
Evan Rachel Wood
トロント国際映画祭にて(2009年)
生年月日 1987年9月7日(27歳)
出生地 ノースカロライナ州ローリー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1994年 -
活動内容 1998年:映画デビュー
配偶者 ジェイミー・ベル (2012 - 2014)
主な作品
サーティーン あの頃欲しかった愛のこと
アクロス・ザ・ユニバース

エヴァン・レイチェル・ウッドEvan Rachel Wood, 1987年9月7日 - )は、アメリカ合衆国女優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ノースカロライナ州ローリー出身にてユダヤ教徒の両親のもとに生まれる。父親のアイラ・デヴィッド・ウッド3世は俳優兼舞台監督、母親のサラ・リン・ムーアは女優。2人の兄がおり、デーナはミュージシャン、アイラは俳優をしている。叔父のキャロル・ウィンステッド・ウッドはプロダクション・デザイナー。幼い頃から父親が主宰する舞台に出演していた。

キャリア[編集]

1994年の映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でキルスティン・ダンストと少女クローディア役を最後まで競い合うが、役を得られずに終わった。その後はテレビドラマなどに出演した。1997年に両親が離婚し、母親と兄(アイラ)と共にロサンゼルスへ引越す。1998年に『ウィズ・ユー』で映画デビューする。

2003年に多感な13歳の少女を演じた『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』が批評家の高い評価を受け、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)全米映画俳優組合賞主演女優賞などにノミネートされ、一躍ハリウッド期待の若手女優となる。

2007年公開のビートルズの楽曲を扱ったミュージカル映画アクロス・ザ・ユニバース』ではヒロインを演じ、翌年公開のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した『レスラー』ではミッキー・ロークの娘役を演じた。

私生活[編集]

15歳で高校を卒業。テコンドーの黒帯を取得している。

グリーン・デイミュージック・ビデオで共演したのをきっかけに、俳優のジェイミー・ベルと交際していたが1年ほどで破局[1][2]。その後、2007年から19歳年上のミュージシャンマリリン・マンソンのボーカル、マリリン・マンソンと交際を始め、マンソンと共にミュージック・ビデオ『Heart-Shaped Glasses』に出演。マンソンとの交際をはじめてから、地毛の金髪を黒く染めるなどメイクや服装も変わったため、コラムニスト達はウッドがマンソンの前妻ディタ・フォン・ティースに似てきていると指摘した[3]。2009年1月に婚約したと報じられたが[4]、最終的に破局した。

その後ジェイミー・ベルと復縁し、2012年10月、結婚した[5]。2013年7月には男児を出産した[6]。しかし2014年5月、ウッドとベルは別居を公表した[7]

また、ジェイミーと結婚する以前には、理想の恋人について「すてきな男性でもいいし、すてきな女性でもいい。どちらでも構わない」と、自身がバイセクシュアルである事をカミングアウトしている[8]。最近では、『Lの世界』の女優キャサリン・メーニッヒと交際、11月には破局したと報道された。

フィルモグラフィー[編集]

  • 邦題が定まっている作品のみを記す

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
1998 ウィズ・ユー
Digging to China
ハリエット・フランコヴィッツ
プラクティカル・マジック
Practical Magic
カイリー・オーウェンス
2002 ひみつの番人
Little Secrets
エミリー・リンドストローム
シモーヌ
S1m0ne
レイニー・クリスチャン
2003 ミッシング
The Missing
リリー・ギルクソン
サーティーン あの頃欲しかった愛のこと
Thirteen
トレイシー・フリーランド ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
2005 ママが泣いた日
The Upside of Anger
ラベンダー・“ポパイ”・ウルフマイヤー
2006 ハサミを持って突っ走る
Running with Scissors
ナタリー・フィンチ
ダウン・イン・ザ・バレー
Down in the Valley
トーブ
2007 カリフォルニア・トレジャー
King of California
ミランダ
アクロス・ザ・ユニバース
Across the Universe
ルーシー
ダイアナの選択
The Life Before Her Eyes
高校生の頃のダイアナ・マクフィー
2008 レスラー
The Wrestler
ステファニー
2009 人生万歳!
Whatever Works
メロディ
2010 声をかくす人
The Conspirator
アンナ・サラット
2011 スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜
The Ides of March
モリー・スターンズ
2013 バレット・オブ・ラヴ
Charlie Countryman
ギャビー・イバネスク

テレビドラマ[編集]

邦題/原題 役名 備考
1998 - 1999 プロファイラー/犯罪心理分析官
Profiler
クロエ・ウォーターズ 6エピソード
2002 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
ホーガン・クレッグ 1エピソード
2003 CSI:科学捜査班
CSI: Crime Scene Investigation
ノラ・イーストン 1エピソード
2009 - 2011 トゥルーブラッド
True Blood
ソフィー=アン・レクラーク 8エピソード
2011 ミルドレッド・ピアース 幸せの代償
Mildred Pierce
ヴィーダ・ピアース(17歳〜) ミニシリーズ
2エピソード

ミュージック・ビデオ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ O'Toole, Lesley (2006年6月24日). “Distress princess”. Guardian Unlimited. http://www.guardian.co.uk/theguide/film/story/0,,1803495,00.html?gusrc=rss 2006年6月24日閲覧。 
  2. ^ Maher, Kevin (2007年9月27日). “Evan Rachel Wood's hard day’s night”. Times Online. http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/article2538406.ece 2007年9月27日閲覧。 
  3. ^ Backseat Cuddler (2008年4月16日). “Evan Rachel Wood is Turning into Dita von Teese”. Backseat Cuddler. http://backseatcuddler.com/2008/04/16/evan-rachel-wood-is-turning-into-dita-von-teese/ 
  4. ^ シネマトゥデイ (2009年1月8日). “マリリン・マンソン、『レスラー』のエヴァン・レイチェル・ウッドと婚約”. 2009年1月8日閲覧。
  5. ^ “『リトル・ダンサー』の名子役ジェイミー・ベルが結婚! お相手は女優エヴァン・レイチェル・ウッド”. シネマトゥデイ. (2012年11月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0047381 2013年1月5日閲覧。 
  6. ^ Saad, Nadine (2013年7月30日). “Actress Evan Rachel Wood, husband Jamie Bell welcome baby boy”. LA Times. 2013年7月30日閲覧。
  7. ^ Blumm, K.C. (2014年5月28日). “Evan Rachel Wood and Jamie Bell Separate”. People. 2014年5月28日閲覧。
  8. ^ “マリリン・マンソンの元婚約者でもあるエヴァン・レイチェル・ウッド、バイセクシャルであることをカミングアウト”. シネマトゥデイ. (2011年4月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0031797 2013年1月5日閲覧。 

外部リンク[編集]