ジェーン・ラッセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェーン・ラッセル
Jane Russell
Jane Russell
映画『紳士は金髪がお好き』より
本名 Ernestine Jane Geraldine Russell
生年月日 (1921-06-21) 1921年6月21日
没年月日 (2011-02-28) 2011年2月28日(満89歳没)
出生地 ミネソタ州ビミジ
死没地 カリフォルニア州サンタマリア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ロバート・ウォーターフィールド (1943–1967)
Roger Barrett (1968–1968)
John Calvin Peoples (1974–1999)

ジェーン・ラッセルJane Russell, 1921年6月21日 - 2011年2月28日)は、ミネソタ州ビミジ出身の女優。1940年代から1950年代を代表するグラマー女優だった。

略歴[編集]

本名はアーネスティン・ジェーン・ジェラルディン・ラッセル(Ernestine Jane Geraldine Russell)。ジェーンが幼年期に、カリフォルニア州サンフェルナンド・ヴァレーへ移住。父親が若くして亡くなったため、写真のモデルをして家計を助けた。1940年、ハワード・ヒューズが制作する映画『ならず者』のヒロイン・オーディションに合格。主人公がビリー・ザ・キッドなど西部の荒くれ者ばかりのため、野性的で肉感的なヒロイン像を描いていたヒューズの好みにぴたりと合ったのである。

ヒューズは監督を交代させ自身が監督となり、映画の宣伝のために胸元を大きく開いたジェーンの写真を宣伝用に大量にばらまいた。第二次世界大戦のため前線にいる兵士たち用にも、ブロマイドを作成して配布した。一年がかりで完成した映画は、1943年に公開。当時としては際どいシーンが検閲に触れ、公開禁止運動が巻き起こり上映中止に追い込まれた。しかし、この作品でジェーン・ラッセルはセックス・シンボルとして名前が知られるようになった。のち20世紀フォックス社と契約。マリリン・モンローと共演したミュージカル映画『紳士は金髪がお好き』では、マリリンに匹敵する人気を得た。

2011年2月28日、呼吸不全のためカリフォルニア州サンタマリアの自宅で死去[1]。89歳没。

人物[編集]

『紳士は金髪がお好き』の撮影中、ゴシップ誌はジェーンとマリリンの不仲を望んだが、2人は仲が良かった。気っぷの良い姉御肌のジェーンが、内気で神経過敏なマリリンを常にかばい、マスコミ取材には防御役となった。ジェーンとマリリンの際どい写真が欲しいカメラマンが近づくと、マリリンは控え室に籠もって出てこなかった。代わって彼らの処理をするのがジェーンの役目で、彼女はカメラマンの下品なジョークも悠然と受けて立ち、彼らの希望に応えてポーズをとった。

グラマー女優として有名になるほど、作品が検閲にすぐ引っかかり話題となった。本人はいたって陽気であっけらかんとしたもので、「肉体は隠すから汚くなるもので、太陽の下ではさらせばさらすほどきれいになるものよ。」と意に介さなかった。

3回結婚しているが、同時代のグラマー女優ラナ・ターナーらに比べれば、スキャンダルが少ない。ジェーンは熱心なキリスト教徒で、養子縁組の支援活動も行っている。最初の夫で、アメフト選手だったロバート・ウォーターフィールドは幼なじみであった。二度目の夫、三度目の夫とも亡くなるまで連れ添っている。

ハリウッドでも名の知れたプレイボーイであったハワード・ヒューズに見いだされながら、彼の魔の手から逃れられたのは「奇跡」だと言われている。(本人曰く、酔って寝ていた自分に手を出そうとしたヒューズを一喝したところ、彼は何もせずに引き下がったという。)

映画出演作品[編集]

  • ならず者 The Outlaw (1943)
  • 腰抜け二挺拳銃 The Paleface(1948)
  • 犯罪都市 The Last Vegas Story (1951)
  • 紳士は金髪がお好き Gentlemen Prefer Blondes (1953)
  • フランス航路 The French Line (1954)
  • 海底の黄金 Underwater! (1955)
  • 紳士はブルーネット娘と結婚する Gentlemen Marry Brunettes (1955)
  • 熱い血 Hot Blood (1956)

脚註[編集]

  1. ^ セクシー女優 J.ラッセルさんが死去 産経新聞 2011年3月1日閲覧

外部リンク[編集]