闇を生きる男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
闇を生きる男
Rundskop
監督 ミヒャエル・R・ロスカム英語版
脚本 ミヒャエル・R・ロスカム
製作 バート・ヴァン・ランゲンドンク
音楽 ラフ・コイネン
撮影 ニコラス・カラカトサニス
編集 Alain Dessauvage
配給 日本の旗 アース・スター エンターテイメント
公開 ベルギーの旗 2011年2月2日
日本の旗 2012年7月28日
上映時間 124分
製作国  ベルギー
言語 オランダ語
フランス語
興行収入 $151,840[1]
テンプレートを表示

闇を生きる男』(Rundskop)は、ミヒャエル・R・ロスカム英語版監督・脚本による2011年のベルギーの映画である。

第84回アカデミー賞外国語映画賞にはベルギー代表として出品され、ノミネートに至った[2]

ストーリー[編集]

ホルモン犯罪を背景に少年の頃に暴行により去勢された男の運命を描く。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Bullhead” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年10月25日閲覧。
  2. ^ Winners and Nominees for the 84th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2012年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]