ジャンヌ・ダーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャンヌ・ダーク
Joan of Arc
監督 ヴィクター・フレミング
脚本 マクスウェル・アンダーソン
アンドリュー・ソルト
原作 マクスウェル・アンダーソン
『ロレーヌのジャンヌ』
製作 ウォルター・ウェンジャー
出演者 イングリッド・バーグマン
ホセ・フェラー
音楽 ヒューゴー・フリードホーファー
撮影 ジョセフ・A・ヴァレンタイン
編集 フランク・サリヴァン
製作会社 シエラ・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 RKO
日本の旗 セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年11月11日(NY
日本の旗 1950年6月17日
上映時間 145分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,600,000[1][2]
興行収入 $4,100,000(北米市場)
テンプレートを表示

ジャンヌ・ダーク』(原題: Joan of Arc)は、1948年に製作・公開されたアメリカ映画である。

概要[編集]

1946年ニューヨークで初演されたマクスウェル・アンダーソン原作、イングリッド・バーグマン主演の戯曲『ロレーヌのジャンヌ』(Joan of Lorraine)に基づく映画作品であり、舞台初演に引き続いてバーグマンがジャンヌ・ダルクを演じ、ヴィクター・フレミングが監督を務めた。

テクニカラー作品として撮影されている。

ストーリー[編集]

イングランドとの百年戦争の最中にあった15世紀前半のフランスを舞台に、神の啓示を受けた少女ジャンヌ・ダルクが、フランスを勝利に導いてシャルル7世の戴冠に大きく貢献、国民的ヒロインとなるものの、敵軍に捕らえられた末に19歳の若さで魔女として火刑に処せられるまでが、ジャンヌの信仰心や心理的葛藤とともに描かれる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ヴィクター・フレミング
  • 製作:ウォルター・ウェンジャー
  • 脚本:マクスウェル・アンダーソン、アンドリュー・ソルト
  • 音楽:ヒューゴー・フリードホーファー
  • 撮影:ジョセフ・A・ヴァレンタイン
  • 編集:フランク・サリヴァン
  • 美術:リチャード・デイ
  • 衣装:ハーシェル・マッコイ、ドロシー・ジーキンズ、バーバラ・カリンスカ

アカデミー賞受賞・ノミネーション[編集]

  • 受賞
    • 撮影賞(カラー):ジョセフ・A・ヴァレンタイン、ウィリアム・V・スコール、ウィンストン・C・ホック
    • 衣装デザイン賞(カラー):ドロシー・ジーキンス、バーバラ・カリンスカ
  • ノミネーション
    • 主演女優賞:イングリッド・バーグマン
    • 助演男優賞:ホセ・フェラー
    • 美術賞(カラー):リチャード・デイ、ケイシー・ロバーツ、ジョセフ・キッシュ
    • 編集賞:フランク・サリヴァン
    • 作曲賞:ヒューゴー・フリードホーファー

参考文献[編集]

  1. ^ ジャンヌ・ダーク”. allcinema. 2014年2月15日閲覧。
  2. ^ ジャンヌ・ダーク”. KINENOTE. 2014年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]