ジャン2世 (アランソン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・ダランソン

ジャン2世・ド・ヴァロワ(Jean II de Valois, duc d'Alençon, 1409年3月2日 - 1476年9月8日)は、アランソン公(1415年 - 1474年)。アランソン公ジャン1世マリー・ド・ブルターニュの息子で、フランス元帥アルチュール・ド・リッシュモンの甥。百年戦争におけるフランス軍の指揮官の一人で、ジャンヌ・ダルクの戦友として知られる。

経歴[編集]

1415年アザンクールの戦いで父が死ぬと、ジャン2世は若くしてアランソン公とペルシュ伯を継いだ。彼は若くしてヴェルヌイユの戦い (enに参加したが、イングランド軍の捕虜となった。その為、彼は1429年までを囚人として過ごした。彼は高額な身代金が払われた後に釈放されたが、彼自身は衰弱した上に、彼の領地はイングランド軍の支配下に置かれていた。

解放後間もなく、彼はジャンヌ・ダルクに出会い、彼女やジル・ド・レイラ・イルジャン・ポトン・ド・ザントライユジャン・ド・デュノワと共にロワール川付近で戦って活躍した。また、彼は王太子派の中で最も重要なジャンヌの支持者であった。1429年の9月にジャンヌ等と共に行っていた軍事行動が終わると、彼は一人でイングランド領であるノルマンディーを攻めるようになった。

しかし、ジャン2世はアラスの協定に不満を抱き、シャルル7世と仲違いしていった。彼はプラグリーの乱(Praguerie)に参加したり、イングランド軍に内通したりした。その後、彼はジャンヌ・ダルクの復権裁判でジャン・ド・デュノワの偽証により逮捕された。

1458年、大逆罪で有罪判決を受け、死刑を宣告された。だが判決は減刑されて、彼は再び収容された。

1461年、彼はルイ11世の手によって釈放されたが、ルイ11世に仕えるのを断り、みたび収容された。

1474年7月18日、彼はパリの議会で再び死刑を宣告され、領地は没収された。しかし刑は執行されず、1476年ルーヴルの牢獄で死去した。

結婚と子供[編集]

1424年にオルレアン公シャルル・ド・ヴァロワと最初の妻イザベル・ド・ヴァロワの娘ジャンヌ・ド・ヴァロワ(1409年 - 1432年)と結婚した。ジャンヌとは子供をもうけることなく死別した。

1437年にアルマニャック伯ジャン4世(オルレアン公シャルルの2番目の妻ボンヌの兄)の娘マリー・ダルマニャック(1420年頃 - 1473年)と再婚した。マリーとの間には1男1女をもうけた。

  • カトリーヌ(1452年 - 1505年)
  • ルネ(1454年 - 1492年)

他に庶子が数人いる。

先代:
ジャン1世
アランソン公
1415年 - 1474年
次代:
ルネ