肉体の道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
肉体の道
The Way of All Flesh
The-way-of-all-flesh-1927.jpg
ポスター
監督 ヴィクター・フレミング
脚本 ラホス・ビロ
ジュールス・ファースマン英語版
原案 パーレー・プーア・シーハン英語版
出演者 エミール・ヤニングス
撮影 ヴィクター・ミルナー英語版
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1927年6月25日
日本の旗 1927年9月
上映時間 9リール; 8,486フィート
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント
英語中間字幕
テンプレートを表示

肉体の道』(The Way of All Flesh)は、ヴィクター・フレミング監督による1927年のアメリカ合衆国のサイレント・ドラマ映画である。パーレー・プーア・シーハン英語版の原案を基にラホス・ビロジュールス・ファースマン英語版らが脚本を執筆しており、サミュエル・バトラー同一原題の小説英語版とは無関係である。またフィルムが失われていると見られており、カリフォルニア大学ロサンゼルス校フィルム・アーカイヴに5分ほどの断片が残されているだけである[1][2]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

評価[編集]

主演のエミール・ヤニングスは『最後の命令』の演技と併せてアカデミー賞主演男優賞を獲得した[3]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]