1950年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1950年の映画(1950ねんのえいが)では、1950年(昭和25年)の映画分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

  • 3月1日 - 入場税税率100パーセントに削減される[1]
  • 12月1日 - 入場税の滞納・脱税が多かったので、東京では票券(チケット)を当局が映画館に公布するようになる[2]。大阪は翌年8月1日から[2]

日本の映画興行[編集]

  • 入場料金(大人)
    • 60円(東京の邦画封切館)[3]
    • 64円60銭(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[4] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[5]

各国ランキング[編集]

日本配給収入ランキング[編集]

1950年邦画配給収入トップ10
(対象期間:1950年9月 - 1951年8月)
順位 題名 配給 配給収入
1 宗方姉妹 新東宝 8378万円
2 自由学校 大映 8000万円
3 佐々木小次郎[6] 東宝 7845万円
4 続佐々木小次郎[7] 東宝 6732万円
5 帰郷 松竹 6037万円
6 紅蝙蝠[8] 大映 5881万円
7 月の渡り鳥[9] 大映 5870万円
8 自由学校 松竹 5823万円
9 銭形平次[10] 大映 5400万円
10 おぼろ駕籠 松竹 5335万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、80頁。ISBN 978-4873767550
1950年洋画配給収入トップ10
(対象期間:1950年9月 - 1951年8月)
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1 白雪姫 アメリカ合衆国の旗 大映洋画部 7323万円
2 黒水仙 イギリスの旗 英国映画協会NCC 6518万円
3 ジャンヌ・ダーク アメリカ合衆国の旗 セントラル 6502万円
4 サン・アントニオ英語版[11] アメリカ合衆国の旗 セントラル 5983万円
5 情婦マノン フランスの旗 SEF東宝 5873万円
6 アラビアン・ナイト英語版[12] アメリカ合衆国の旗 セントラル 5497万円
7 征服されざる人々英語版[13] アメリカ合衆国の旗 セントラル 5394万円
8 海の征服者英語版[14] アメリカ合衆国の旗 セントラル 5382万円
9 ドン・ファンの冒険英語版[15] アメリカ合衆国の旗 セントラル 4863万円
10 カリフォルニア英語版[16] アメリカ合衆国の旗 セントラル 4637万円
出典:『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』 キネマ旬報社〈キネマ旬報ムック〉、2012年5月、81頁。ISBN 978-4873767550

日本公開作品[編集]

受賞[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

日付 名前 出身国 年齢 職業
1月 3日 エミール・ヤニングス スイスの旗 スイス 65 男優
12日 ジョン・M・スタール アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 63 映画監督・プロデューサー
22日 コリンヌ・リュシェール フランスの旗 フランス 28 女優
3月 10日 マーガレット・ド・ラ・モット アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 47 女優
4月 7日 ウォルター・ヒューストン カナダの旗 カナダ 66 男優
10月 23日 アル・ジョルソン  リトアニア 64 男優・歌手・エンターテイナー
28日 モーリス・コステロ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 73 舞台・映画男優
12月 28日 ウィリアム・ガーウッド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 66 男優

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 斉藤 2009, p. 55.
  2. ^ a b 斉藤 2009, pp. 55 - 56.
  3. ^ 角川春樹藤岡和賀夫阿久悠 『ザ・ブーム』 角川書店1982年1月25日、192頁。
  4. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  6. ^ 佐々木小次郎(第一部)”. KINENOTE(キネノート). 2018年10月20日閲覧。
  7. ^ 続佐々木小次郎”. KINENOTE(キネノート). 2018年10月18日閲覧。
  8. ^ 紅蝙蝠”. KINENOTE(キネノート). 2018年10月20日閲覧。
  9. ^ 月の渡り鳥”. KINENOTE(キネノート). 2018年10月20日閲覧。
  10. ^ 銭形平次”. KINENOTE(キネノート). 2018年10月20日閲覧。
  11. ^ サン・アントニオ”. allcinema. 2018年10月20日閲覧。
  12. ^ アラビアン・ナイト”. allcinema. 2018年10月21日閲覧。
  13. ^ 征服されざる人々”. allcinema. 2018年10月22日閲覧。
  14. ^ 海の征服者”. allcinema. 2018年10月22日閲覧。
  15. ^ ドン・ファンの冒険”. allcinema. 2018年10月22日閲覧。
  16. ^ カリフォルニア”. allcinema. 2018年10月22日閲覧。

参考文献[編集]