カーツーム (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カーツーム
Khartoum
監督 ベイジル・ディアデン
脚本 ロバート・アードリー
出演者 チャールトン・ヘストン
ローレンス・オリヴィエ
撮影 ハリー・ワックスマン
エドワード・スケイフ
製作会社 Julian Blaustein Productions Ltd.
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 イギリスの旗1966年6月9日
日本の旗1966年10月28日[1]
上映時間 134分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $6,000,000[2]
テンプレートを表示

カーツーム』(原題:Khartoum)は、1966年制作のイギリス歴史映画

あらすじ[編集]

英国の半植民地状態にあった頃のスーダンマホメットの使徒を気取るマフディーは、マフディー戦争と呼ばれる反乱を開始。

エジプト駐留の英軍が討伐に向かうが、マフディー軍はこれを打ち破ったばかりか、武器を奪ってさらに勢力を拡大させる。しかし、英国政府は事態を楽観視しており、かつてのスーダン総督ゴードンを安直に復帰させる。当初ゴードンは地元民に歓迎され、ゴードンを尊敬するマフディーにも歓待されたが、マフディーは戦争はやめないと明言。

ゴードンと英国政府はマフディーを抑えられる人物として有力者ハリールを担ぎ出そうとするが、ハリールはかつてゴードンがハリールの息子を処刑したのを恨んでおり、協力を拒否。援軍のウォルスリー将軍は不真面目で、その間にもマフディー軍は進撃を続け首都カーツームが砲撃される事態に陥る。

英軍はいったんマフディー軍を退却させ、居留民を逃がす作戦を敢行。ゴードンの側近スチュアート大佐が一行に同行するが、途中でマフディー軍に捕まり全員が惨殺される。ゴードンとマフディーの再度の交渉も決裂。ゴードンは帰国を勧められたが拒否、やがてマフディー軍の総攻撃により戦死した。

キャスト[編集]

※テレビ放映:1973年4月7日、14日 NET日曜洋画劇場

脚注[編集]

  1. ^ 海外の資料では10月8日
  2. ^ Film Producer Lists Trials in Egypt By VINCENT CANBY. New York Times (1923–Current file) [New York, N.Y] 11 January 1966: 19

外部リンク[編集]