アンソニー・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・マン
Anthony Mann
アンソニー・マンAnthony Mann
1954年、『遠い国』撮影時(右から2人目)、左隣はジェームズ・ステュアート
本名 Emil Anton Bundesmann
生年月日 1906年6月30日
没年月日 1967年4月29日(満60歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州サンディエゴ
死没地 ドイツの旗ベルリン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督

アンソニー・マンAnthony Mann, 本名:Emil Anton Bundesmann, 1906年6月30日 - 1967年4月29日)はアメリカ合衆国映画監督

略歴[編集]

サンディエゴ出身[1]。両親はオーストリアから移住したユダヤ人[2]

俳優としてオフ・ブロードウェイなどの舞台で活躍。1940年代前半に助監督となり、映画製作に携わるようになる。

ジェームズ・ステュアートとのコンビによる西部劇を中心とする作品でヒット作を連発して、ハリウッド黄金期最後の1950年代の一役を担った。

1960年の映画スパルタカス』は当初マンが監督であったが、撮影方針をめぐって主演兼・製作総指揮のカーク・ダグラスと衝突し、解任されてしまった。その後任として選ばれたのが、スタンリー・キューブリックである。ただし、冒頭のシーンはマンが演出したものがそのまま使用されている。

1967年4月29日ベルリンで『殺しのダンディー』の撮影中に心臓発作で急死。60歳。作品は主演のローレンス・ハーヴェイが監督代行を兼ねて完成させた。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.wsws.org/en/articles/2013/12/18/man1-d18.html
  2. ^ Alvarez, Max. The Crime Films of Anthony Mann. ISBN 9781617039256

外部リンク[編集]