新納忠之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東大寺不空羂索観音立像。古社寺保存法に基づき新納が初めて修復を手掛けた仏像。

新納 忠之介(にいろ ちゅうのすけ、1869年1月7日明治元年11月25日) - 1954年昭和29年)4月13日)は、日本の彫刻家。2,631体の仏像等の多くの文化財を修理した。現在の鹿児島県鹿児島市新照院町生まれ。修理前後の写真や書面など詳細な記録を残しており現在の文化財修理の基礎を築いた。

略歴[編集]

百済観音像模造(新納忠之介作、東京国立博物館蔵)
  • 1889年東京美術学校(現、東京藝術大学)の彫刻科に入学。
  • 1895年、東京美術学校助教授。
  • 1898年岡倉覚三(天心)に同調して東京美術学校を辞職、日本美術院創設に参加。新納は仏像などの彫刻修理に専念する。
  • 1906年、美術品の保存修理を主として行っていた新納らの部門は日本美術院第二部となる(日本美術院第一部は美術品の創作)。
  • 1914年、岡倉没後の日本美術院再興・再編に伴い、日本美術院第二部は独立して国宝などの美術品修理を専門とする美術院となり、新納が責任者となる。

作品[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]