田中みお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たなか みお
田中 みお
プロフィール
別名義 少女M
生年月日 1968年11月27日
現年齢 50歳
出身地 東京都
血液型 O
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 161 cm / kg
スリーサイズ 83 - 60 - 83 cm
カップサイズ B
活動
デビュー ROMANCE Part2
ジャンル グラビア
他の活動 女優
モデル: テンプレート - カテゴリ

田中 みお(たなか みお、1968年11月27日 -)は、日本の元モデル女優東京都豊島区池袋出身[1]

来歴・人物[編集]

1982年9月、通信販売のみの発売で送料込みの1万5千の豪華写真集『ROMANCE Part2』(この写真集は他にはKUMI、SAYAKAという田中みおより幼い二人の少女も登場、ちなみに他モデルの『ROMANCE 五人の少女の前奏曲』が前作にあたる)で少女Mという特異な芸名でヌードモデルとしてデビューした。Mの意味は本人曰く、未成年Mである[2]。この時、少女Mこと田中みおは13歳であった(雑誌によっては12歳という表記もある)。モデルになったきっかけは、叔母がプロダクションをしており、事務所に遊びに行った時にたまたまいたカメラマンに誘われたからである[3]。少女Mの名付け親もこの叔母で、新聞で未成年者を示す少女Aからヒントを得たという[1]

この時代に発売された少女ヌード写真集の多くは、まだヘアの生えてない局部はそのまま写し出されていることが多く、この写真集もその例外ではなかった(その1ヶ月後に普及版が発売)。翌1983年6月にビデオ『少女M・13歳』が大ヒットする。このビデオは、その後続々と発売されることになる少女ビデオの先鞭をつけた[4][5]。当時の人気は凄まじく、最初の写真集3冊とビデオ2本で4億円近くを稼ぎ出した[1]。そして少女Mは週刊プレイボーイを中心に、写楽平凡パンチGOROビデオボーイ英語版ACTRESSアクションカメラ等、当時の男性誌に次々と取り上げられ、何度も表紙を飾るなど一気にメジャーとなり、他のアイドルとは違う独特の存在感で注目された。1984年には『スクラップ・ストーリー ある愛の物語』で主演、主題歌も歌う。この映画には嵐山光三郎高田純次糸井重里レオナルド熊安岡力也といった当時の著名人が多数出演しているが、田中みおは実年の14歳のヌードモデル役を演じており、フルヌードの場面や、ベッド・シーンも演じているため児童ポルノ禁止法(1999年11月1日施行)以後の今となってはソフト化は不可能とされている[6]。この当時は、それだけ少女の裸に対して寛容だった。ベッド・シーンでは官能の表情ができず、監督の若松孝二が隠れて足をつねったりして、顔を歪ませて感じた演技をさせた。これについては、体験がないから演じられなかったと本人は弁解している[1]。この映画では報知映画賞で最優秀新人賞にノミネートされた[7]。また、この当時の自らについては「私、人の顔色を伺いながら話すのってニガテなんです。その人にどう思われようと、自分のやりたいようにヤルッ。“ガマン”とか“忍耐”とか、そーゆー言葉も一切パス。スキゾ型人間の典型なんですよね。」と語っていた[8]

その後、『週刊プレイボーイ』誌上で名前を読者応募で改名することにし、田中みおと命名。女優、歌手として活動することを宣言する[9]

また1984年に写真集『君はキラリ』が10万部を超える大ヒットになった同じロリータアイドルの諏訪野しおり(後に若葉しをりと改名)とは同じ事務所で、映画、テレビと何かと共演する機会が多かった。

田中みおとして何本かの映画、テレビドラマに出演したが、1990年代に入ってからの活動記録は確認できるもので『週刊プレイボーイ』(1990年4月17日号)のグラビアのみである。事務所によると、本人に芸能活動をする気が全くないので仕事は全て断っているとのこと[3]

姉と弟と妹の四人姉弟であるが[1]少女Mの妹という触れ込みでデビューした美少女Nは妹ではなくて、従姉妹である。

趣味に読書、ビリヤード、特技はスキンダイビング、スポーツは他にテニス、剣道、水泳、ゴルフとスポーツ好きである[10]チェッカーズのファン[1]

活動[編集]

VHS・LD[編集]

  • 少女M・13歳(日本ビデオ映像 監督 代々木忠 1983年)少女M名義
  • 一年後の少女M(宇宙企画 1983年)少女M名義
  • コーラル・プリンセス モルディブ編(日本コロムビア 1984年)少女M名義
  • 人魚になった少女M・エルニド島(日本コロムビア 1984年)少女M名義
  • 大人になった少女M(ジャパンホームビデオ 1984年)少女M名義
  • 少女M・華麗なる出発(たびだち)(ジャパンホームビデオ 演出 井筒和幸 1984年)少女M名義
  • 少女M・セイシェルの想い出(日本コロムビア 1985年)少女M名義
  • みおの香港スキャンダル(笠倉出版 1988年)

写真集[編集]

  • ROMANCE Part2(サン美術出版 1982年)
  • ROMANCE Part2 普及版(竹書房 1982年)
  • めざめ(英知出版 1984年)少女M名義
  • 楽園から来た少女 週刊プレイボーイ特別編集(集英社 1985年)少女M名義
  • 田中みお写真集〜19歳の記念に〜(近代映画社 1988年)
  • 25SCANDAL(ぶんか社 1992年)少女M名義 他24人収録
  • Beppin4月号増刊 ロリータ・スクランブル(英知出版 1985年)他、多数収録

テレビ[編集]

  • トゥナイトテレビ朝日 1984年)映画「スクラップ・ストーリー ある愛の物語」公開に合わせてのインタビューでVTR出演(インタビュアーは当時番組サブ司会格の渡辺宜嗣

映画[編集]

レコード[編集]

  • スクラップ・ストーリー/夜明け前のエピローグ(日本コロムビア 1985年)少女M名義

出版[編集]

  • あなたへ・・・私は「不等記号」-Mにさよなら(山手出版 1985年)本人のエッセー

舞台[編集]

  • ハッピージャンク・シティ(1985年11月7〜10日、池袋文芸坐 ル・ピリエ)主役、内田栄一演出

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 週刊現代 1984年6月23日号 P52〜53
  2. ^ 荒木経惟の熱烈 LOVE LOVE TALK(1998年、双葉社)P737
  3. ^ a b アイドルが脱いだ理由 宝泉薫編(別冊宝島Real21 2001年)P95〜98
  4. ^ 好奇心ブック36号 80年代AV大全 双葉社 P13 1999年
  5. ^ 特集アスペクト56 20世紀のアダルトビデオ アスペクト P3 1998年
  6. ^ 少女Mを覚えていますか
  7. ^ ビデオボーイ 1985年3月号 英知出版 P7〜10
  8. ^ 「84年フレッシュ選抜ユニーク新人大会」DUNK 集英社、1984年9月号、184頁-185頁
  9. ^ WEEKLY プレイボーイ 1987年1月12日号 P9
  10. ^ あなたへ・・・私は「不等記号」-Mにさよなら(山手出版 1985年)P162

外部リンク[編集]