スカブロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スカブロ
監督 矢城潤一
出演者 窪塚俊介
RUEED
AISHA
音楽 小林洋平 (作編曲家、サックス奏者)
製作会社 映画スカジャン兄弟製作
配給 トンネルフィルムズ
公開 2018年7月21日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 5000万円
テンプレートを表示

スカブロ』は、2018年7月21日公開の日本映画横須賀市を舞台に地元出身の監督・俳優らによる「オール横須賀」を掲げて制作された[1]

「スカブロ」とは、「横須賀(ヨコスカ)」の「スカ」とアメリカスラングの「bro(ブロ:兄弟の意)」を繋いだ造語である。当初タイトルは「スカジャン兄弟」の予定であったが、クランクイン前に変更された[1]。兄弟役で主演を務める窪塚俊介RUEEDは実の兄弟である。

あらすじ[編集]

東京から故郷横須賀に戻った売れない俳優の兄・海野龍助(窪塚俊介)と、地元でストリートミュージシャンをする弟・虎太(RUEED)。兄弟が営む便利屋にはナオミ(AISHA)から人探しの依頼が舞い込み、20年前の失踪事件が浮かび上がる[1][2]

キャスト[編集]

ロケ地[編集]

撮影は2016年11月に横須賀市内で行われ、馬堀海岸直線道路やどぶ板通りでのロケも敢行された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c オール横須賀の映画「スカブロ」来月初旬、市内で撮影開始. タウンニュース横須賀版. 2016年10月14日配信. 2017年5月2日閲覧.
  2. ^ 横須賀発の映画「スカブロ」、11月撮影開始 主演キャスト発表. 横須賀経済新聞. 2016年10月12日配信. 2017年5月2日閲覧.
  3. ^ 「スカブロ」で感じた地元愛、横須賀映画のこれから. タウンニュース横須賀版. 2017年1月1日配信. 2017年5月2日閲覧.

外部リンク[編集]