川村信子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわむら しんこ
川村 信子
生誕 (1951-12-14) 1951年12月14日(66歳)
日本の旗 日本
島根県大田市
住居 日本の旗 日本
国籍 大韓民国の旗 韓国
別名 マダム 信子(マダム しんこ)
マダム シンコ
職業 実業家
団体 株式会社カウカウフードシステム
配偶者 川村幸治

川村 信子(かわむら しんこ、1951年 - )は、株式会社カウカウフードシステム創業者であり、現在は同社代表取締役会長。別名、マダム 信子(マダム しんこ)、マダム シンコ

経歴[編集]

島根県生まれ、両親が共に韓国人の在日韓国人2世である[1]。10歳の時、父親の仕事の都合で大阪府へ移る[1]。21歳の時、母親が用意してくれた50万円で喫茶店を開業[1]。未経験のまま、18歳で不動産業、高級クラブ、貴金属などの販売を経て、26歳の時に大阪・北新地で高級クラブをオープン。

1989年、37歳の時に上京し、4か月で銀座No.1ホステスになるも、その9か月後に独立。銀座にクラブ「銀座クラブ信子」をオープンした[1]。そこでボーイの面接に訪れた、後に夫となる19歳年下の川村幸治と出会う[1]

1993年8月1日、西宮市に「焼肉ハウスダンテ」開業。バブル崩壊後の1998年、銀座クラブ信子を閉めて大阪へ帰り、1999年8月1日、高槻市に「焼肉かうかう倶楽部」を開業する。2002年2月に結婚[1]。その後、株式会社カウカウフードシステムを設立する。2006年2月、高槻市の焼肉かうかう倶楽部1号店が放火による火災に見舞われる。同年11月、箕面市に洋菓子店「マダムシンコ」をオープン。現在[いつ?]大丸梅田店など数店舗を展開している。

2011年7月にはKKロングセラーズより自身の半生を綴った自叙伝やまない雨はない』を上梓[2]川上麻衣子主演により映画化され、2018年に公開予定である[3][4]

出演番組[編集]

レギュラー出演[編集]

過去の出演番組[編集]

レギュラー出演[編集]

単発・不定期番組[編集]

著書[編集]

自叙伝[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]