三津木春影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三津木 春影(みつぎ しゅんえい、1881年10月15日 - 1915年7月8日)は、小説家・翻訳家。本名は一実(かずみ)。男性。

経歴[編集]

長野県上伊那郡伊那村(現伊那市)生まれ。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)を中退し、早稲田大学英文科卒。はじめ自然主義文学を志し、1905年(明治38年)『新声』に「破船」を発表。1908年、押川春浪の『冒険世界』の編集に携わり、閃電子名義で『冒険世界』、三津木春影名義で『探険世界』にオースティン・フリーマンの翻訳「呉田博士」シリーズほか、西洋の探偵小説などを翻訳するほか、1914年に実業之日本社専属となり、自身でも探偵小説、スパイ小説怪奇小説を書く。特に探偵小説では先駆的存在だったが、34歳で早逝した。

父は医師だが早世。母は要(よう)で、東京女子高等師範学校を出ており、のち小里頼永に嫁し、小里文子らを生んだ[1]

著書[編集]

  • 『日本青年亜非利加猛獣国探検』成功雑誌社 1908
  • 『呉田博士 探偵奇譚』中興館 1911、1912
  • 『日本の危機 間諜の密計』啓業館 1912
  • 『孤島の姉妹』実業之日本社 1912
  • 『大宝窟王』中興館 (二十世紀探偵叢書)1912-1913
  • 『呉田博士 探偵奇譚』1-6編 中興館 1912-1915
  • 『コルクの釦』磯部甲陽堂(ミステリー叢書) 1913
  • 『密封の鉄凾 怪奇小説』磯部甲陽堂 1913
  • 『少年軍事探偵』磯部甲陽堂 1913
  • 『怪飛行艇』実業之日本社 1913
  • 『黄金の指輪 少年小説』岡村盛花堂(少年少女叢書) 1914
  • 『空魔団 怪奇小説』岡村盛花堂 1914
  • 『海底の石牢』中興館書店(奇譚文庫)1914
  • 『白金の時計 少女小説』岡村盛花堂(少年少女叢書) 1914
  • 『不思議の鈴』磯部甲陽堂(怪奇叢書) 1915
  • 『幽霊岩』中興館書店(奇譚文庫) 1915
  • 『地底の宝玉』実業之日本社 1915
  • 『噴火島博士』中興館書店(奇談文庫) 1915
  • 『死人の裁判』磯部甲陽堂(怪奇叢書) 1915
  • 『国境線 愛国小説』実業之日本社 1915
  • 『魔尖塔 怪奇冒険探偵小説』岡村書店 1916
  • 『間諜団 怪奇小説』本郷書院 1917
  • 『三津木春影遺稿 第1』内藤鋠策編 億光社 1917
  • 『海魔城 怪奇探偵』本郷書院 1918
復刊 

翻訳[編集]

  • 婦人の新修養 ウヰルコックス 実業之日本社 1910.5
  • 皇帝謁見少年旅行 ハーリー・スチール・モリソン 実業之日本社 1911.4
  • 古城の秘密 武侠探偵 ルブラン 武侠世界社 1912
  • 函中の密書 磯部甲陽堂 1913 (ミステリー叢書)
  • 金剛石 冒険的大探偵 モリス・ルブラン 1913

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尾崎真理子『ひみつの王国』