小里頼永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小里頼永
小里頼永

小里 頼永(おり よりなが、安政2年5月1日[1]1855年6月14日) - 昭和16年(1941年7月3日)は、松本市長衆議院議員自由党)。

経歴[編集]

松本藩士小里新五兵衛頼命の長男として江戸呉服橋の松本藩邸で生まれる。9歳の時に松本に帰り、藩校崇教館漢学を学んだ[2]。廃藩置県後は開智学校英学課に学び、1875年明治8年)、筑摩県師範学校を卒業。卒業後は筑摩県、のちに山梨県で訓導を務めた。自由民権運動が盛んになると、1879年(明治14年)に「要新聞」を発刊して自由民権を説いた[3]1881年(明治14年)、松本に帰って信陽立憲党を組織して幹事長となり、松本日日新聞を発行した[3]。町会議員のかたわら、1884年(明治17年)に県会議員に当選[1]。県会議員として南信地方の分県や県庁の松本移庁を唱えた。

1890年(明治23年)、第1回衆議院議員総選挙に出馬して当選を果たした。1898年(明治31年)、北海道空知支庁長に任命されたが内閣の更迭で任期は三ヶ月であった。

1902年(明治35年)、松本町長に就任。1907年(明治40年)に市制が施行されると引き続き市長を務め、1937年(昭和12年)に退職するまで30年の長きにわたって在任した。在職中に篠ノ井線の建設、歩兵第50連隊の誘致[4]松本高等学校日本銀行松本支店の誘致などに尽力した。

妻は東京女子高等師範学校を出た要(よう)で、前夫との子に三津木春影がおり、小里との間には石井桃子の親友となった小里文子ら二男二女を儲けたあと病死、後妻にさわが入った[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『信濃人事興信録』P.86
  2. ^ 『衆議院議員略歴』
  3. ^ a b 『日本帝国国会議員正伝』P.237-238
  4. ^ 『大日本帝国市町村長銘鑑』P.8
  5. ^ 尾崎真理子『ひみつの王国』

参考文献[編集]

  • 木戸照陽『日本帝国国会議員正伝』田中宋栄堂、1890年。
  • 『大日本帝国市町村長銘鑑 第一輯』教育実成会、1913年。
  • 三沢啓一郎編『信濃人事興信録』信濃人事興信録発行所、1922年。
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。
  • 『松本市教育百年史』、1978年。
公職
先代:
牧野岸治
松本町長
3代:1902年 - 1907年
次代:
-
先代:
-
Flag of Matsumoto, Nagano.svg 松本市長
初代:1907年 - 1937年
次代:
百瀬興政