青柳優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青柳 優(あおやぎ ゆたか、1904年2月1日 - 1944年7月30日)は日本の詩人、文芸評論家。

経歴[編集]

長野県南安曇郡烏川村(現・安曇野市)に医師の三男として生まれる。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)では同級に唐木順三がいた。早稲田大学英文科在学中から「丹沢明」の筆名で、同人誌にダダイズム的な評論や詩を発表し、文芸雑誌「黒色戦線」を創刊。昭和5年(1930年)に大学卒業。千住税務署に勤務しながら文芸評論を続け、「アナーキズム文学」を創刊する。昭和8年(1933年)、解放文化社の詩人たちと、解放文化連盟を結成。昭和10年(1935年)尾崎一雄の推薦で、第3次「早稲田文学」に「同人雑誌作品評」を発表すると、その堅実な批評が高く評価され、同12年(1937年)からは編集同人として活躍。戦時下の体制翼賛的な風潮に迎合せず、文芸評論に専念した。昭和19年(1944年)に病没。享年40。

著書[編集]

  • 「現実批評論」1939年
  • 「文学の真実」1941年
  • 「批判の精神」1943年

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]