小松慶也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松 慶也(こまつ けいや、1878年2月3日 - 1939年6月16日)は、明治陸軍騎兵大尉1910年アルゼンチン移民し、牧場主となった。

来歴・人物[編集]

長野県東筑摩郡片丘村(現塩尻市)出身。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)を経て、1897年11月陸軍士官学校(9期)卒業。1907年11月陸軍大学校(19期)を「優等」で卒業。第8師団参謀に就任した。

エリート軍人としてのスタートを切ったにもかかわらず、卒業直後の1910年伊藤清蔵農学博士の招きにより、子を連れてアルゼンチンへ渡り酪農家となった。なぜ突然に軍をやめて移民したのかについては諸説あるがはっきりしない。

陸軍大学校の同期には、荒木貞夫陸軍大臣文部大臣)、阿部信行内閣総理大臣)、真崎甚三郎教育総監)、本庄繁関東軍司令官)らがおり、移住後も多くの旧友との交流があった。

参考文献[編集]

  • 服部豊三郎『アルゼンチン 政治経済進展の歴史』(1986年、金沢書店)
  • 大倉直『陸軍将校のつくったチーズ』(2007年9月、愛育社ISBN 978-4750003252

関連項目[編集]