西沢俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしざわ としお
西沢俊夫
Gthumb.svg
生誕 (1951-04-22) 1951年4月22日(66歳)
日本の旗 日本 長野県
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学
職業 実業家
活動期間 1975 -
肩書き 東京電力社長
任期 2011 - 2012
前任者 清水正孝
後任者 廣瀬直己

西沢 俊夫(にしざわ としお、1951年4月22日 - )は、東京電力株式会社の第12代社長

来歴[編集]

長野県大町市出身。1975年京都大学経済学部卒業後、東京電力に入社する。企画部長、常務取締役などを歴任。

企画畑のエリートで、勝俣恒久懐刀と言われており、温厚な人柄として知られる。福島第一原発事故で引責辞職した清水正孝の後継として、2011年6月に社長に就任した。公益社団法人ACジャパンの理事や、社団法人経済企画協会の副会長[1]日本原燃株式会社の取締役も務める。

略歴[編集]

  • 1970年3月、長野県松本深志高等学校卒業
  • 1975年3月、京都大学経済学部卒業
  • 1975年4月、東京電力株式会社入社
  • 1992年7月、同社燃料部LNG室課長(LNG担当)
  • 1994年7月、企画部調査課長
  • 1996年8月、企画部企画課長
  • 1997年7月、企画部企画グループマネージャー(副部長)
  • 1999年7月、企画部総括調整グループ(副部長)
  • 2000年3月、多摩支店調布支社長
  • 2001年6月、企画部、電気事業連合会事務局派遣
  • 2005年6月、企画部長
  • 2006年6月、執行役員企画部長[2]
  • 2008年5月、常務取締役(企画部・広報部担当)
  • 2011年6月、代表取締役社長
  • 2012年6月、退任、東京電力社友

脚注[編集]