平林広人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平林 広人(ひらばやし ひろんど、1886年4月3日 - 1986年2月21日)は、日本児童文学翻訳家デンマーク文学者。アンデルセンの研究で知られる。

経歴[編集]

長野県東筑摩郡上川手村(現安曇野市)に元村長平林広十郎の子として生まれる。1905年旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)卒業。在学中に日本メソヂスト教会で受洗。上川手尋常小学校の代用教員となる。1908年青山学院高等科を中退。独学でキリスト教地方伝導士試験に合格。1915年には29歳で北安曇郡陸郷北小学校長となる。

上京して東京市長後藤新平の協賛を得て、1917年木崎夏期大学を開講させる。1924年から3年間デンマークの教員養成機関「アスコフ国民高等学校」に留学。帰国後、青山学院専門部神学部講師。1933年渡満し、新京でメソジスト教会の創設に参加する。

1962年日本児童文学会が発足すると評議員となり、1966年から東海大学文学部北欧史を講義しながら児童文学の翻訳に多くの業績を残した。1986年、99歳で没する。

翻訳[編集]

  • 「アンデルセン童話全集」全8巻

著作[編集]

  • 「アンデルセンの研究」
  • 「デンマークの国民体操」
  • 「農業の国デンマーク」
  • 「ベーリングの大探検」

栄誉[編集]

  • 1926年 リッダー・アフ・ダンボネグル勲章(デンマーク)
  • 1961年 日本ボーイスカウト連盟功労章
  • 1966年 勲五等双光旭日章

参考文献[編集]

  • 滑川道夫 『日本児童文学会会報』「平林廣人翁を悼む」
  • 中島博昭 『時代を駆け抜けた安曇野人たち 8』