飯沼正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いいぬま まさあき
飯沼 正明
生誕 1912年8月2日
日本の旗 日本長野県南安曇郡南穂高村
死没 (1941-12-11) 1941年12月11日(29歳没)
Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦プノンペン
国籍 日本の旗 日本
職業 パイロット

飯沼 正明(いいぬま まさあき、1912年8月2日 - 1941年12月11日)は日本のパイロット1937年純国産機、神風号によって東京-ロンドン間の飛行に成功した。

生涯[編集]

長野県南安曇郡南穂高村(現・安曇野市)に生まれた。1931年3月、旧制松本中学(現・長野県松本深志高等学校)を卒業し、同年10月、逓信省飛行機操縦委託養成所卒業。所沢陸軍飛行学校に勤務し、二等操縦士を経て翌年、一等操縦士となり、朝日新聞社航空部に入社。1935年台湾地震の時、台北-羽田間を10時間23分で飛行し、初の亜欧連絡大飛行の飛行士に抜擢された。1937年4月6日、英国王室戴冠式奉祝を兼ねて、塚越賢爾機関士とともにで立川飛行場を出発し、94時間17分の飛行の後、ロンドンに到着した(ヴィエンチャンカルカッタカラチバグダッドアテネなどを中継)。15357kmの距離を飛行時間94時間17分56秒の飛行を行った。1937年、朝日賞などを受賞した。

1941年東京‐ニューヨーク間の記録に挑戦しようとするが、その矢先に第二次世界大戦が勃発、陸軍技師として従軍するが、同年12月マレー半島プノンペンの飛行場で友軍機の事故に巻き込まれ死亡[1]。現在、飯沼の生家跡地に飯沼飛行士記念館が設立されている。

脚注[編集]

  1. ^ 異説としては、真珠湾攻撃の報がもたらされ、絶句して色を失った飯沼は、飛行場の滑走路にふらふらと出て、軍用機のプロペラに挟まれ死亡したともいわれる。

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年
  • 滝澤忠義『信州の人物余聞』2010年

外部リンク[編集]