丸山政男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丸山 政男
JMajGenMaruyama.gif
生誕 1889年9月13日
日本の旗 日本 長野県
死没 (1957-11-11) 1957年11月11日(68歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1911 - 1944
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

丸山 政男(まるやま まさお、1889年9月13日 - 1957年11月11日は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

長野県出身。農業・丸山政蔵の五男として生れる。松本中学校を経て、1911年5月、陸軍士官学校(23期)を卒業し、同年12月、歩兵少尉任官、歩兵第57連隊付となる。1919年11月、陸軍大学校(31期)を卒業。

参謀本部付勤務、参謀本部員、イギリス出張、イギリス大使館付武官補佐官、参謀本部員、陸大専攻学生、陸大教官、インド駐剳武官、参謀本部付、参謀本部員、東南アジア出張、イギリス大使館付武官、参謀本部課長、近衛歩兵第4連隊長などを経て、1938年7月、陸軍少将に進級。日中戦争に歩兵第6旅団長として出征し、武漢攻略に従事。近衛師団司令部付、第3独立守備隊長などを歴任し、1941年3月、陸軍中将となった。

太平洋戦争には、第2師団長として出征し、バタビア攻略に従事。ガダルカナル島の戦いにおいて、第1次総攻撃の失敗を受けて、ジャワ島守備に着いていた第2師団が第2次総攻撃に投入されたが、それも失敗に終わり、1943年2月の撤退まで泥沼の戦闘を継続した。参謀本部付を経て、1944年3月、予備役に編入された。

戦後、戦犯容疑により起訴されたが、1949年12月25日、バタビア裁判で無罪の判決が出された。

親族[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。