増田正宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増田 正宗(ますだ せいそう、1885年 - 1966年)は、明治から昭和にかけての日本画家、本名は久太郎。実業家の増田通二の父。

長野県東筑摩郡松本(現松本市)生まれ。旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)を経て東京美術学校日本画科卒業。下村観山結城素明寺崎広業に師事する。1912年フランスに渡り修行。帰国後、第10回文展に「莵裘」が、第11回文展に「光明皇后深夜縫衣之図」がそれぞれ入選。1926年聖徳太子奉讃展に「雪降る朝」を出品。1927年第8回帝展に「鴉」が入選してから第11回の「熊野神幸船」まで連続で入選する。その他仏画も多く残している。

参考文献[編集]

  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年