中村武志 (小説家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 武志(なかむら たけし、1909年明治42年)1月15日 - 1992年平成4年)12月11日)は、日本の小説家である。長野県東筑摩郡片丘村(現・塩尻市)出身。

来歴[編集]

旧制松本中学校(現・長野県松本深志高等学校)卒業。1926年(大正15年)、国鉄(当時は鉄道省)東京鉄道局に就職し、1964年昭和39年)に定年退職するまで国鉄に勤務する[1]。在職しながら1932年法政大学高等師範部国語漢文科を卒業している。

1933年頃に内田百の随筆を読んで心酔し、1937年に初めて面会。その頃中村はすでに百をまねた随筆を国鉄の社内報に書き始めていた。戦後の1951年、『埋草随筆』を自費出版した折には百に頼み込んで序文を書いてもらっている。1954年に出版した『小説サラリーマン目白三平』がヒットし、以後シリーズ化する。1955年には映画化もされた。

この頃、国鉄での中村の部下が、百の『阿房列車』シリーズで「ヒマラヤ山系」として知られた平山三郎であった。平山は『阿房列車』に何度も同行したが、中村はすべて見送りのみで、作中では百から「見送亭(けんそうてい)夢袋(むたい)」という名前で呼ばれている[1]

1952年(昭和27年)の鉄道80周年記念の東京駅一日名誉駅長に百が就任する際、中村が百を推薦した[1]

の没後、著作権管理者となり、長らく「百の遺志」として「旧字・旧かな」での出版を固守してきた点を改め、文庫本に限り「新字・新かな」での刊行を決断している。

また、1966年に東京間借人協会会長を務め、1969年にサラリーマン同盟を結成し、土地・住宅問題の市民運動に積極的に参加する。1972年には民社党から衆議院議員総選挙に出馬するが、落選する。

作品[編集]

目白三平シリーズ[編集]

  • 『目白三平ものがたり』
  • 『目白三平茶の間騒動記』(1966年)
  • 『目白三平の共稼ぎ』(1957年)
  • 『目白三平の秘密』(1964年)
  • 『目白三平の海外旅行』(1964年)
  • 『目白三平の日曜日』(1962年)
  • 『目白三平駅弁物語』(1975年)、旺文社文庫で再刊
  • 『目白三平浮気亭主と探偵女房』(1980年)、新編「女房がつけた探偵」旺文社文庫
  • 『目白三平随筆 正・続』(論創社、1989年)。新編再刊
  • 『目白三平随筆・愛しき遺髪よ』(講談社文庫、1990年)。自選集
  • 『目白三平随筆・男はいつも孫悟空』(講談社文庫、1993年)。自選集

その他[編集]

  • 『内田百と私』(岩波書店同時代ライブラリー、1993年4月)、※増補版・遺著
    • 旧版『百鬼園先生と目白三平』旺文社文庫、1986年
  • 『いざ、熟年亭主諸君!』講談社、1984年
  • 『男の立場』(1975年)
  • 『ふだん着のパリ』(1975年)、旺文社文庫で再刊
  • 『著者多忙』(1961年)
  • 『女房のヤキモチ』(福武文庫、1993年)、選集

脚注[編集]

  1. ^ a b c 中村武志「阿房列車の留守番と見送り(抄)」『立腹帖』 筑摩書房〈ちくま文庫 内田百集成 2〉、2002年、299-319頁。ISBN 978-4-480-03762-6