池上鎌三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池上 鎌三(いけがみ けんぞう、1900年11月12日 - 1956年1月29日)は、日本の哲学者、元東京大学文学部教授。新カント派の哲学を学び、文化哲学、現象学、生の哲学を研究、紹介した。

来歴[編集]

長野県東筑摩郡松本町(現松本市)生まれ。1918年旧制松本中学(現長野県松本深志高等学校)、1921年第二高等学校 (旧制)1925年東京帝国大学哲学科を卒業。東京外国語学校などで教鞭をとった後、1936年、母校助教授、1945年、同教授。1941年東京大学文学博士。論文の題は「文化哲学基礎論」[1]。56歳で在職中に死去。弟に民俗学者の池上隆祐、甥に言語学者(満州語ツングース語)の池上二良がいる。

著書[編集]

  • 現代哲学全集 第10巻 論理学 日本評論社, 1934
  • 文化哲学基礎論 岩波書店, 1939
  • 知識哲学原理 岩波書店, 1946
  • 現代哲学とその諸問題 霞ケ関書房, 1947
  • 言語哲学序説 要書房, 1949
  • 現代哲学 秀文館, 1949
  • 現代の哲学 春秋社, 1950
  • 哲学概論 有斐閣, 1952

翻訳[編集]

  • 哲学論叢 2 現象学に就て ライナハ 岩波書店, 1928
  • 哲学論叢 第14 所謂相対的真理に就て トワルドウスキー 岩波書店,1928
  • 哲学論叢 27 哲学の四段階と斯学の現状 フランツ・ブレンターノ 岩波書店,1930
  • 純粋現象学及現象学的哲学考案 エトムント・フッサール 岩波文庫, 1957

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

参考文献[編集]

  • 『東筑摩郡・松本市・塩尻市誌 人名編』1982年