小岩井宏悦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小岩井 宏悦(こいわい ひろよし、1960年(昭和35年)7月28日 - )は日本映画プロデューサー、ドラマプロデューサー[1]ワーナー・ブラザース映画邦画事業部本部長。

略歴[編集]

長野県松本市出身[1]長野県松本深志高等学校を経て[要出典]京都大学法学部に入学[1]。大学在学中は劇団そとばこまちに在籍[1]。大学卒業後、新日本製鐵に入社[1]。退職後アメリカへ留学し、帰国後、1989年フジテレビに入社する[1]亀山千広の下でドラマプロデューサーのノウハウを得、40代女性層向けのドラマ制作を得意とした。在籍中は、映画事業局映画制作部の副部長であった。

2006年(平成18年)公開の映画ブレイブ ストーリー』は、自身が脚本を作りキャスティングなど全てを担当し、作品も彼のアイデアで製作された。

2007年(平成19年)4月13日付けでフジテレビを依願退職。同月、ワーナー・ブラザースに転職[1]。現在はプロデューサーとして映画製作に携わる。

2015年、『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』の製作において、第34回藤本賞・特別賞を受賞[2]

担当作品[編集]

フジテレビ時代[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ワーナー・ブラザース映画[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 特集:WB、ローカルプロダクションが本格化 - 文化通信.com” (2008年4月9日). 2017年2月26日閲覧。 “1960年7月28日、長野県松本市生まれ。”
  2. ^ 第34回藤本賞に「STAND BY ME ドラえもん」製作陣、続編製作に意欲”. 映画.com (2015年6月4日). 2015年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]