岡野貞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡野 貞一(おかの ていいち、1878年2月16日 - 1941年12月29日)は 、日本作曲家

人物[編集]

現在の鳥取県鳥取市古市出身。実父を幼少期になくし貧困の中で育つ。

1892年キリスト教徒として鳥取教会(現在:日本基督教団)で洗礼を受け、翌年、岡山教会宣教師からオルガンの演奏法を習った。

1892年東京音楽学校(現在の東京藝術大学)の第二代校長である村岡範為馳が本人の郷里でもある鳥取で行った講演に影響され、同校に入学、1900年に卒業。その後、1906年に東京音楽学校助教授、1923年に教授声楽)となり、1932年に退官するまで音楽教育の指導者の育成に尽力した。1918年より文部省編纂の尋常小学唱歌の作曲委員であった。約40年にわたり東京の本郷中央教会(明治・大正期には本郷中央会堂と呼ばれた、カナダメソジスト系の教会)の教会オルガニスト(聖歌隊も指導)であった。1941年、日本大学附属病院で死去。63歳没。

伝記上の注意点[編集]

岡野貞一が作曲家として参加した文部省唱歌(尋常小学唱歌)の著作権問題は、一般に考えられるよりもはるかに複雑な問題である。岡野自身による文部省唱歌についての発言は皆無に近い。しかし下記にあるように、尋常小学唱歌を数多く作曲したという伝聞がある。

讃美歌の影響を受けたと思われるこれらの旋律は、日本の心の歌として長く歌い継がれている。が「文部省唱歌」として作者は伏せられていたため、これらの曲の作曲者作詞者が伝聞によって広まったのは昭和40年代以降のことであった。1989年告示の学習指導要領からは岡野が作曲者として記載されているものの、官有物であった文部省唱歌の著作権が移動された手続きには数々の疑義もあり、自筆原稿の発見による作者確定などの学問的な作業はこれからである。日本音楽著作権協会にも登録時の基本資料(自筆譜コピー等)はない状態。

校歌等では作曲当時の印刷譜で確認ができるが、文部省唱歌は、合議制で作曲されたという実態があった。すなわち旋律、歌詞ともに複数の委員がいるため、岡野・高野というコンビについての具体的な資料、証拠が薄弱である。仮に委員たちの中で年少組であったこの二人のコンビがあったとしても、経験豊かな年長委員らの校訂なしで掲載されたはずもない。東京藝術大学に当時の小学校唱歌編纂日誌が残っているが、日誌の記録でも作者は厳格に伏せられている。岡野貞一の葬儀関係の資料(同声会報)に作曲の証拠があるとの説も、調査の結果、「故郷」などの曲の名はなく、確証に至らなかった。

主な作品[編集]

学校唱歌[編集]

高野辰之の詞によるものは(*)印

校歌[編集]

岡野は日本の本土はもとより、樺太台湾朝鮮満州まで、160校を超える校歌を作曲した。旧制中学などの校歌も多く作曲している。

現在も50校以上の学校で歌い継がれている。以下に例を示す。

変わったところでは、福岡県立門司大翔館高等学校校歌の曲は岡野作曲による旧門司市歌である。

その他の曲・歌[編集]

  • 古賀連隊長(佐々木信綱作詞、満州事変関連)1932年
  • 陸軍記念日唱歌
  • 飛行機唱歌

外部リンク[編集]