岡野貞一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡野貞一(1910年頃)

岡野 貞一(おかの ていいち、1878年2月16日 - 1941年12月29日)は 、日本作曲家

人物[編集]

鳥取県邑美郡古市村(現在の鳥取市)に士族岡野平也の子として生まれ、実父を幼少期になくし貧困の中で育つ。鳥取市久松小学校へ進学。同校には日本の音楽教育家 作曲家田村虎蔵も学年違いで在校していた。

1892年キリスト教徒として鳥取教会(現在:日本基督教団)で洗礼を受け、翌年、岡山教会宣教師からオルガンの演奏法を習った。

東京音楽学校(現在の東京藝術大学)の第二代校長である同郷の村岡範為馳が1892年に鳥取で行った講演に影響され、1895年には岡山の薇陽学院を中退し、上京して同校に入学、1900年に卒業。

その後、1906年に東京音楽学校助教授、1923年に教授声楽)となり、1932年に退官するまで音楽教育の指導者の育成に尽力した。1918年より文部省編纂の尋常小学唱歌の作曲委員であった。約40年にわたり東京の本郷中央教会(明治・大正期には本郷中央会堂と呼ばれた、カナダメソジスト系の教会)の教会オルガニスト(聖歌隊も指導)であった。1941年、日本大学附属病院で死去。63歳没。

主な作品[編集]

学校唱歌[編集]

高野辰之の詞によるものは(*)印

校歌[編集]

岡野は日本の本土はもとより、樺太台湾朝鮮満州まで、160校を超える校歌を作曲した。旧制中学などの校歌も多く作曲している。

現在も50校以上の学校で歌い継がれている。以下に例を示す。

変わったところでは、福岡県立門司大翔館高等学校校歌の曲は岡野作曲による旧門司市歌である。

その他の曲・歌[編集]

参考文献[編集]

  • 安田寛ほか編纂『原典による 近代唱歌集成—誕生・変遷・伝播—』2000年4月21日,ビクターエンタテインメント㈱
  • 岩井正浩『子供の歌の文化史二〇世紀前半期の日本』第一書房,1998年,ISBN 4804201335
  • 岩井正浩『増補子供の歌の文化史二〇世紀前半期の日本』第一書房,2003年,ISBN 4804201335
  • 「小学唱歌教科書編纂日誌」(『東京藝術大学百年史 東京音楽学校編第二巻』音楽之友社、2003年に翻刻)
  • 猪瀬直樹『ふるさとを創った男』日本放送出版協会, 1990年

外部リンク[編集]