中村一策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 一策(なかむら いっさく、1900年明治33年10月30日) - 1966年昭和41年)12月22日)は、日本銀行家日本勧業銀行頭取、第21代全国銀行協会会長。特殊銀行から普通銀行に転換する時期に積極的な経営を展開し、預金の吸収に力を入れて業績を伸ばし、「預金の神様」と言われた。また、金融界に対しては利子課税、融資ルールなどの問題に対処して功績があった。

経歴[編集]

出典[編集]

  • 「中村頭取追悼集」日本勧業銀行、1967年
  • 田島清 編『信州人物誌』1969年
  • 『長野県歴史人物大事典』 郷土出版社、1989年