古厩忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古厩 忠夫(ふるまや ただお、1941年5月11日 - 2003年2月28日)は、日本の歴史学者。専門は、中国近代史日本近代史長野県東筑摩郡筑摩地村(現塩尻市)出身。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『東北アジア史の再発見 歴史像の共有を求めて』有信堂高文社 環日本海叢書 1994年
  • 『裏日本 近代日本を問いなおす』(岩波新書、1997年)
  • 『日中戦争と上海、そして私 古厩忠夫中国近現代史論集』(研文出版、2004年)
  • 『Fゼミ通信 古厩忠夫の思索と行動の記録』(同時代社、2004年)

共著[編集]

編著[編集]

論文[編集]