柳田元三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柳田 元三
Genzou Yanagita.jpg
生誕 1893年1月3日
大日本帝国の旗 大日本帝国 長野県
死没 (1952-10-07) 1952年10月7日(59歳没)
Flag of the Soviet Union.svg ソビエト連邦 モスクワ
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1914年 - 1945年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 中将
テンプレートを表示

柳田 元三(やなぎた げんぞう、1893年1月3日 - 1952年10月7日)は、日本陸軍軍人、最終階級は陸軍中将

人物・来歴[編集]

長野県東筑摩郡片丘村(現塩尻市)に生まれる。旧制松本中学(長野県松本深志高等学校)、幼年学校を経て、陸軍大学校を通して、稀代の秀才と言われる。

出生時の姓は小松、のちに母親の旧姓である柳田を名乗った。

陸大卒業時には成績優秀により、恩賜の軍刀を受けた。

同じく陸大の恩賜の軍刀組である小松慶也は、柳田の叔父に当たる。

年譜[編集]

関連書籍[編集]