田口守一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田口 守一(たぐち もりかず、1944年 - )は、日本の法学者信州大学大学院法曹法務研究科教授早稲田大学名誉教授。専門は刑事訴訟法法学博士(早稲田大学、1981年)(学位論文「刑事裁判の拘束力」)。元司法試験第二次試験考査委員(2001年まで)。岐阜県生まれ。

経歴[編集]

研究テーマ[編集]

  • 「当事者主義」という刑事訴訟法の基本原理の実質的意味内容の追求
  • アレイメント制度
  • 国際捜査

在外研究[編集]

  • アウクスブルク大学法学部留学

著書・論文(共編著を含む)[編集]

  • 『裁判論 講義要項[第2版]』(成文堂)
  • 『刑事訴訟法[第4版補正版]』(弘文堂)
  • 『刑事裁判の拘束力』(成文堂)
  • 『刑事訴訟の目的』(成文堂)
  • 『資料刑事訴訟法[改訂補正版]』(成文堂)
  • 『裁判と刑事事件の解決』(成文堂)
  • 『目で見る刑事訴訟法教材』(有斐閣)

所属学会[編集]

外部リンク[編集]